お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
お知らせ 7月4日(月) 21:00-22:00,サーバメンテナンスのためシステムが停止します.
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-02-28 10:10
プライミング効果における倒立効果による食のジェンダーステレオタイプの視覚処理過程の検討
櫻井美穂立命館大)・木村 敦日大)・和田有史立命館大
抄録 (和) 食品ジェンダーステレオタイプ (GS) が意味プライミング課題により測定できることが報告されている (Kimura et al,2009, 2012)。本研究では食品画像によるGSが、画像の全体的な構造が影響しているのかどうかを検討するために、意味プライミング課題における倒立効果を測定した。実験1では食品画像の正立・倒立画像をプライム刺激として男性名・女性名をターゲット刺激し、GSと倒立効果を見出した。この結果から、画像の倒立効果によって名前判断が遅延したため、画像の全体的情報処理が名前の判断に影響を及ぼすことが示唆された。実験2では、その影響がGS特有の物かどうかを検討するために、同様の画像を用いて和食洋食名をターゲット刺激とした実験を行った。この実験2では、プライムとターゲットが一致している条件で、和食洋食名判断に画像の全体的情報処理が関与していることが明らかになった。 
(英) Kimura et al, (2009, 2012) reported that gender stereo-types (GS) on food by using a semantic priming task. In this study, we examined the effect of visual holistic information processing on GS on food using their paradigm. We used images of feminine and masculine-evaluated food. In Experiment 1, we primed the participants with upright or inverted images, immediately after the priming, we presented them with forenames as target stimuli and let them decide whether the target was feminine or masculine. The results showed that difference GS whereas they took longer time for gender judgement on target for inverted images than that for upright images. This phenomenon suggests that the visual holistic information processing relates the name judgments. In Experiment 2, we conducted almost the same experiment as Experiment 1 whereas targets were Japanese or Western food names. As the result, we found that participants took longer time for food style judgment on target for inverted images than that for upright images under the condition where prime and target were congruent. As conclusion, we find that the effect of visual holistic information is different between gender and food style judgement.
キーワード (和) ジェンダーステレオタイプ / 意味プライミング課題 / 倒立効果 / / / / /  
(英) gender stereotypes / semantic priming task / inversion effect / / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI IEICE-HIP ASJ-H VRPSY  
開催期間 2022-02-27 - 2022-02-28 
開催地(和) オンライン 
開催地(英) on line 
テーマ(和) VR心理,ヒューマン情報処理,聴覚,視覚,マルチモーダル,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-HIP 
会議コード 2022-02-HIP-HI-H-VRPSY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プライミング効果における倒立効果による食のジェンダーステレオタイプの視覚処理過程の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of visual processing of gender stereotypes on food examined by inversion effect in semantic priming 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ジェンダーステレオタイプ / gender stereotypes  
キーワード(2)(和/英) 意味プライミング課題 / semantic priming task  
キーワード(3)(和/英) 倒立効果 / inversion effect  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫻井 美穂 / Miho Sakurai / サクライ ミホ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 敦 / Atsushi Kimura / キムラ アツシ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 有史 / Yuji Wada / ワダ ユウジ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-02-28 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IEICE-HIP 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-46 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会