お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-08 09:05
戦車の発砲シーンにおける流体表現の制御法
木内俊冴東京工科大)・伊藤智也八戸工大)・竹島由里子菊池 司東京工科大
抄録 (和) 3DCGの流体シミュレーションは映像分野において欠かせない要素となっているが、流体を思い通りに制御するには、相応の知識と制作時間が必要となる。そこで、深い知識を持たず、制作にあまり時間をかけられない場合であっても、流体を制御できるシステムを提案できればクリエイターの一助になるのではないかと考えた。本研究では、流体シミュレーションが用いられる現象のなかでも、戦車の発砲シーンに着目することとした。まずは発生する流体の仕組みと、異なる戦車ごとに現れる流体の差異を調査した。その結果を踏まえ、パラメーター操作による流体の制御に加え、付随する要素の生成が可能なシステムを作成した。これにより、戦車の発砲シーンを制作するために必要な時間を短縮させることが可能だろう。 
(英) 3DCG fluid simulation has become an indispensable element in the field of video, but to control the fluid as desired requires a certain amount of knowledge and production time. Therefore, we thought that it would be helpful for creators if we could propose a system that can control fluids even if they do not have deep knowledge and cannot spend much time on production. In this research, we decided to focus on the firing scene of a tank, among other phenomena where fluid simulation is used. First, we investigated the mechanism of the generated fluid and the differences in the fluid that appear in different tanks. Based on the results, we created a system that can control the fluid by manipulating the parameters and also generate the accompanying elements. This would reduce the time required to produce a tank firing scene.
キーワード (和) 3DCG / 流体シミュレーション / 戦車 / / / Houdini / /  
(英) 3DCG / Fluid Simulation / Tank / Fire / Smoke / Houdini / /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, pp. 21-24, 2022年3月.
資料番号  
発行日 2022-03-01 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2022-03-08 - 2022-03-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2022(Expressive Japan 2022) 
テーマ(英) Expressive Japan 2022 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2022-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 戦車の発砲シーンにおける流体表現の制御法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The control method for fluid expression in tank firing scenes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3DCG / 3DCG  
キーワード(2)(和/英) 流体シミュレーション / Fluid Simulation  
キーワード(3)(和/英) 戦車 / Tank  
キーワード(4)(和/英) / Fire  
キーワード(5)(和/英) / Smoke  
キーワード(6)(和/英) Houdini / Houdini  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 木内 俊冴 / Shungo Kiuchi / キウチ シュンゴ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 智也 / Tomoya Itoh / イトウ トモヤ
第2著者 所属(和/英) 八戸工業大学 (略称: 八戸工大)
Hachinohe Institute of Technology (略称: HIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹島 由里子 / Yuriko Takeshima / タケシマ ユリコ
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊池 司 / Tsukasa Kikuchi / キクチ ツカサ
第4著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-08 09:05:00 
発表時間 12 
申込先研究会 AS 
資料番号 AIT2022-43 
巻番号(vol) 46 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数
発行日 2022-03-01 (AIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会