お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-08 16:01
科学分野のビジュアルコンテンツに関する科学研究者の見解についての調査研究
佐藤暁子北陸先端大)・竹内昌治東大
抄録 (和) 本研究では,科学研究者がどのように科学のビジュアルコンテンツを作成し,どのような見解を持っているのか,科学研究者にインタビュー調査をすることで,科学の広報・アウトリーチの実態を知り,改善すべき問題を探ることである.結果,科学のビジュアルコンテンツは,研究周知のために役立つものであるが情報発信の際には注意が必要である,というのが今回インタビューをした科学研究者たちの見解である.問題は,研究機関内にビジュアル作成のサポートをするシステムがなく,研究者自身が対応している場合が多いが,技術的,時間的,人によっては金銭的に困難な状況があることがわかった. 
(英) The purpose of this research is to find out the actual status of science publicity and outreach, and to explore issues that need to be improved by interviewing scientists about how they produce scientific content and what their views are. As a result, the scientists we interviewed were of the opinion that visual content in science is useful for disseminating scientific research, but that care should be taken when disseminating the information. The problem is that there is no system within the institution to support the creation of visual content, and in many cases the scientists themselves are handling the task, which is laborious, time-consuming, and in some cases financially difficult.
キーワード (和) ビジュアルコンテンツ / 科学広報 / アウトリーチ / グラフィックデザイン / イラスト / / /  
(英) Visual Content / Science Publicity / Outreach / Graphic Design / Illustration / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, no. 10, AIT2022-82, pp. 169-172, 2022年3月.
資料番号  
発行日 2022-03-01 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2022-03-08 - 2022-03-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2022(Expressive Japan 2022) 
テーマ(英) Expressive Japan 2022 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2022-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 科学分野のビジュアルコンテンツに関する科学研究者の見解についての調査研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A research of scientists' views on visual content in the field of science 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ビジュアルコンテンツ / Visual Content  
キーワード(2)(和/英) 科学広報 / Science Publicity  
キーワード(3)(和/英) アウトリーチ / Outreach  
キーワード(4)(和/英) グラフィックデザイン / Graphic Design  
キーワード(5)(和/英) イラスト / Illustration  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 暁子 / Akiko Sato / サトウ アキコ
第1著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 昌治 / Shoji Takeuchi / タケウチ ショウジ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ.Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-08 16:01:00 
発表時間 12 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2022-82 
巻番号(vol) ITE-46 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.169-172 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2022-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会