お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-08 13:04
身体的動作情報に基づく卓球競技の任意のシーン抽出手法の検討
石川涼介橋本幸二郎三代沢 正諏訪東京理科大
抄録 (和) 本研究では、卓球競技に着目したシーン抽出手法を提案する。卓球選手は固定カメラを設置し、自身の試合を撮影する。撮影した動画は後の振り返りに用いられるが、ラリー等の競技をしている時間は試合時間の2割と言われており、動画全体を見直す作業は効率的ではない。そこで本研究では、サーブやレシーブ、スマッシュ等の技術に対して振り返りたい場合を対象とし、ユーザが選択した技術に対する部分動画が抽出される手法を提案する。ここでは身体動作に着目し、隠れマルコフモデルに基づく骨格時系列データのマッチング手法を用いて実現する。 
(英) In this research, we propose a scene extraction method focusing on table tennis competition. Table tennis players set up their fixed camera and shoot their own games. The video taken is used for reviewing own play later, but it has been reported that the time spent playing competitions such as rallies is 20% of the match time. Therefore, the work of reviewing the entire video is not efficient. In this research, we propose a method to extract only the scenes that the user wants to look back from the video. Here, it is assumed that the features of the scenes which should be extracted are body movements. And the scene extraction problem is solved by using a matching method of skeletal time series data based on a hidden Markov model.
キーワード (和) スポーツ分析 / シーン抽出 / 隠れマルコフモデル / / / / /  
(英) Sports analytics / Scene Extraction / Hidden Markov Model / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, no. 10, AIT2022-76, pp. 147-148, 2022年3月.
資料番号 AIT2022-76 
発行日 2022-03-01 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2022-03-08 - 2022-03-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2022(Expressive Japan 2022) 
テーマ(英) Expressive Japan 2022 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2022-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 身体的動作情報に基づく卓球競技の任意のシーン抽出手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Scene Extraction Method from Table Tennis Video based on Body Movements 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スポーツ分析 / Sports analytics  
キーワード(2)(和/英) シーン抽出 / Scene Extraction  
キーワード(3)(和/英) 隠れマルコフモデル / Hidden Markov Model  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 涼介 / Ryosuke Ishikawa / イシカワ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 公立諏訪東京理科大学 (略称: 諏訪東京理科大)
Suwa University of Science (略称: Suwa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 幸二郎 / Kohjiro Hashimoto / ハシモト コウジロウ
第2著者 所属(和/英) 公立諏訪東京理科大学 (略称: 諏訪東京理科大)
Suwa University of Science (略称: Suwa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三代沢 正 / Tadashi Miyosawa / タダシ ミヨサワ
第3著者 所属(和/英) 公立諏訪東京理科大学 (略称: 諏訪東京理科大)
Suwa University of Science (略称: Suwa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-08 13:04:00 
発表時間 12 
申込先研究会 AIT 
資料番号 AIT2022-76 
巻番号(vol) 46 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.147-148 
ページ数
発行日 2022-03-01 (AIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会