お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-08 09:54
CGアバターを利用するライブストリーミングを想定した効果音付与システムの試作
村上 輝伊藤彰教東京工科大
抄録 (和) 本研究ではCGアバターを利用したライブストリーミングを想定し,動作に反応してリアルタイムに効果音を再生するツールのプロトタイプ制作を実施した.3本のVTuberのライブストリーミングについて動作に着目して分析し,7種類の繰り返される動作や特徴的な動作を確認した.その1つである小さく左手を振る動作についての分析によって,この動作はz軸回転が一定周期で発生し,角速度はおおよそ0を中心に周期的に変化していることが確認された.結果をもとに動作検出に応じた効果音再生システムのプロトタイプをVIVE Pro 2を使用して制作した.作成したプロトタイプによって,動作に伴った効果の再生を確認した.また,HoloLens 2へ一部機能の移植を実施し考察した. 
(英) In this study, we created a prototype of a tool that plays sound effects in real time in response to the actions of a CG avatar. We analyzed three VTuber live streams focusing on the actions and confirmed seven types of repeated actions and characteristic actions. The analysis of one of the movements, a small wave of the left hand, showed that the z-axis rotation occurred with a fixed period, and the angular velocity changed periodically around 0. Based on the results, we created a prototype that detects the motion and plays a sound effect using VIVE Pro 2. Using the prototype, we confirmed that the sound effect was played back along with the movement. We also ported some of the functions to HoloLens 2 and discussed them.
キーワード (和) CGアバター / VTuber / モーションキャプチャー / Unity / 効果音 / / /  
(英) CG Avatar / VTuber / Motion Capture / Unity / Sound Effect / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, pp. 17-20, 2022年3月.
資料番号  
発行日 2022-03-01 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2022-03-08 - 2022-03-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2022(Expressive Japan 2022) 
テーマ(英) Expressive Japan 2022 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2022-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) CGアバターを利用するライブストリーミングを想定した効果音付与システムの試作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prototyping of a real-time sound effect tool for live streaming with CG avatar 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CGアバター / CG Avatar  
キーワード(2)(和/英) VTuber / VTuber  
キーワード(3)(和/英) モーションキャプチャー / Motion Capture  
キーワード(4)(和/英) Unity / Unity  
キーワード(5)(和/英) 効果音 / Sound Effect  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 輝 / Hikaru Murakami / ムラカミ ヒカル
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 彰教 / Akinori Ito /
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-08 09:54:00 
発表時間 12 
申込先研究会 AS 
資料番号 AIT2022-42 
巻番号(vol) 46 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数
発行日 2022-03-01 (AIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会