お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-08 15:37
アウェアネスゲーム:意図せず学習に繋がるエンタテインメント用ゲームに関する研究 ~ 学習内容の定性調査報告 ~
松川ルナ遠藤雅伸東京工芸大
抄録 (和) シリアスゲームは,学習を目的とし課題解決のために作られる.これに対し,意図せず学習に繋がるエンタテインメント用ゲームも存在する.後者において我々は,プレイヤーが何をどう学習したのかの定性調査を行った.その結果,前者が主たる成果とする知識の獲得,モチベーションの向上以外に,スキルの向上,現実への応用が見られた.我々はこれを,シリアスゲームに対し「気付きのゲーム:アウェアネスゲーム」であると結論付けた.また,アウェアネスゲームに限った特徴として,「人生の指針」となることが示された. 
(英) Serious games are developed for the purpose of learning and solving problems. In contrast, there are entertainment games that lead to unintentional learning. In the latter case, we conducted a qualitative survey of what players learned and how they learned it. As a result, in addition to knowledge acquisition and motivation, which are the main outcomes of the former, skill improvement and application to the real were observed. We concluded that this was "Awareness Games" as opposed to serious games. And, as a feature exclusive to Awareness Games, it was shown to be a "Guideline for Life".
キーワード (和) アウェアネスゲーム / シリアスゲーム / モチベーション / 学習効果 / 人生の指針 / / /  
(英) Awareness Game / Serious Game / Motivation / Learning Effect / Guideline for Life / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, pp. 161-163, 2022年3月.
資料番号  
発行日 2022-03-01 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2022-03-08 - 2022-03-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2022(Expressive Japan 2022) 
テーマ(英) Expressive Japan 2022 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2022-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アウェアネスゲーム:意図せず学習に繋がるエンタテインメント用ゲームに関する研究 
サブタイトル(和) 学習内容の定性調査報告 
タイトル(英) Awareness Games: Research on entertainment games that lead to unintentional learning 
サブタイトル(英) Qualitative survey of learning methods and content 
キーワード(1)(和/英) アウェアネスゲーム / Awareness Game  
キーワード(2)(和/英) シリアスゲーム / Serious Game  
キーワード(3)(和/英) モチベーション / Motivation  
キーワード(4)(和/英) 学習効果 / Learning Effect  
キーワード(5)(和/英) 人生の指針 / Guideline for Life  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松川 ルナ / Luna Matsukawa / マツカワ ルナ
第1著者 所属(和/英) 東京工芸大学 (略称: 東京工芸大)
Tokyo Polytechnic University (略称: TPU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 雅伸 / Masanobu Endo / エンドウ マサノブ
第2著者 所属(和/英) 東京工芸大学 (略称: 東京工芸大)
Tokyo Polytechnic University (略称: TPU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-08 15:37:00 
発表時間 12 
申込先研究会 AS 
資料番号 AIT2022-80 
巻番号(vol) 46 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.161-163 
ページ数
発行日 2022-03-01 (AIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会