お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
お知らせ 7月4日(月) 21:00-22:00,サーバメンテナンスのためシステムが停止します.
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-08 09:53
作者分類と線画のヒントを用いた漫画の画像修復
横田広之東京理科大)・古田諒佑東大)・谷口行信東京理科大)・日並遼太石渡祥之佑Mantra
抄録 (和) 日本語の漫画を別の言語に翻訳するためには,テキストの内容と位置を認識し,翻訳したテキストに置き換える必要がある.レイヤー情報がない場合には,元画像からテキストを削除した上で翻訳したテキストを配置する必要がある.一巻の漫画が約数百ページで構成されることから,イラストの修復を手作業で行うと高いコストがかかるため,画像修復技術,例えば,敵対的生成ネットワークを使用することが考えられる.本研究では,漫画の作者ごとにイラストの描き方が異なることに着目し,作者ごとのイラストの特徴を考慮した画像修復モデルを提案する.また,イラストの表現に変更を加える必要がある場合に対応するため,ユーザが自由に描いた線画のヒントからインタラクティブにイラストの修復や編集を行う手法を提案する. 
(英) In order to translate Japanese manga into another language, it is necessary to recognize the contents and position of texts and replace it with the translated texts. If there is no layer information, it is required to delete the texts from the original images and place the translated texts. Since a volume of manga consists of about a few hundred pages, manual inpainting of illustrations takes a high cost. For this reason, it is desirable that image inpainting techniques, for example, those based on generative adversarial networks, can be used. In this study, we focus on the fact that the way to draw illustrations depends on the author and propose an image inpainting model that considers each author’s characteristics. In addition, to deal with cases where changes need to be made to the representation of the illustrations, we propose a method for interactive inpainting and editing manga images using the user’s line drawings as a clue.
キーワード (和) 漫画 / 画像修復 / GAN / / / / /  
(英) Manga / Image Inpainting / GAN / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, no. 10, AIT2022-51, pp. 53-56, 2022年3月.
資料番号  
発行日 2022-03-01 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2022-03-08 - 2022-03-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2022(Expressive Japan 2022) 
テーマ(英) Expressive Japan 2022 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IIEEJ 
会議コード 2022-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 作者分類と線画のヒントを用いた漫画の画像修復 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Manga Inpainting with Author Classification and Line Drawing Clues 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 漫画 / Manga  
キーワード(2)(和/英) 画像修復 / Image Inpainting  
キーワード(3)(和/英) GAN / GAN  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 広之 / Hiroyuki Yokota / ヨコタ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古田 諒佑 / Ryosuke Furuta / フルタ リョウスケ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 行信 / Yukinobu Taniguchi / タニグチ ユキノブ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 日並 遼太 / Ryota Hinami / ヒナミ リョウタ
第4著者 所属(和/英) Mantra株式会社 (略称: Mantra)
Mantra Inc. (略称: Mantra)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石渡 祥之佑 / Shonosuke Ishiwatari / イシワタリ ショウノスケ
第5著者 所属(和/英) Mantra株式会社 (略称: Mantra)
Mantra Inc. (略称: Mantra)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-08 09:53:00 
発表時間 12 
申込先研究会 IIEEJ 
資料番号 ITE-AIT2022-51 
巻番号(vol) ITE-46 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2022-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会