お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-08 10:30
VRでのピンポイント近接攻撃の補助に関する研究
栗原亨輔阿部雅樹渡辺大地東京工科大
抄録 (和) 敵と戦うタイプのゲームにおいて、近接攻撃は非常に多くのゲームで採用されているアクションである。それはHMDを用いたVRゲームでも変わらず、様々なゲームで導入されている。しかし、VRゲームにおける近接攻撃は、非VRゲームに比べて、様々な要因から標的に命中させることが難しい。そして、VRゲームでは攻撃が当たったときの敵の部位によって、攻撃の有効度を変えなければ不自然さが出ることが多い。特定部位を狙う、ということはVRゲーム初心者には難しく、また、運動神経などにも左右されるなど、プレイヤーによって難易度の差が激しく、ゲームデザイン上での障害になりうる。本研究は、VRゲームで特定箇所を近接攻撃する際の補助手法についての研究である。 
(英) Melee attacks are a common action in many games that involve fighting enemies. It is no different in VR games using HMDs and has been introduced in a variety of games. However, melee attacks in VR games are more difficult to hit the target than in non-VR games due to various factors. And in VR games, the effectiveness of the attack often needs to be changed depending on the part of the enemy when the attack hits, which can be unnatural. Aiming at a specific part of the enemy is difficult for beginners in VR games, and it also depends on the player's motor skills. Therefore, in this research, we are studying a method to assist players in attacking a specific part of the body in VR games.
キーワード (和) VR / 操作補助 / ゲーム / / / / /  
(英) VR / Operation assistance / Game / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, no. 10, AIT2022-116, pp. 295-296, 2022年3月.
資料番号  
発行日 2022-03-01 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2022-03-08 - 2022-03-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2022(Expressive Japan 2022) 
テーマ(英) Expressive Japan 2022 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2022-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VRでのピンポイント近接攻撃の補助に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Assisting pinpoint melee attacks in VR 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VR / VR  
キーワード(2)(和/英) 操作補助 / Operation assistance  
キーワード(3)(和/英) ゲーム / Game  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗原 亨輔 / Kyousuke Kurihara / クリハラ キョウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ Tec.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 雅樹 / Masaki Abe / アベ マサキ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ Tec.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 大地 / Taichi Watanabe / ワタナベ タイチ
第3著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: Tokyo Univ Tec.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-08 10:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2022-116 
巻番号(vol) ITE-46 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.295-296 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2022-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会