お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-08 09:29
会話の流れを考慮した漫画における自動話者推定
山口理哉東京理科大)・古田諒佑東大)・谷口行信東京理科大)・日並遼太石渡祥之佑Mantra
抄録 (和) 漫画ではイラストで描かれたキャラクターが,テキストによって表現されたセリフを発話することによってストーリーが展開していく.そのため,どのキャラクターがどのようなセリフを発話したのかを対応付けることが,漫画の理解において重要になる.
そこで本研究では,会話の流れと漫画特有の表現方法の2つを考慮した話者推定手法を提案する.提案手法は,(i) 会話の流れを考慮するために,連続したセリフを合わせて入力し,話者推定を学習した自然言語処理モデルによって話者を予測する,(ii) 漫画特有の表現方法を考慮し,推定対象のセリフと各キャラクターの漫画画像上の距離によって発話者候補を定義する. 
(英) In manga, the story unfolds as the illustrated characters speak their lines expressed in text. Therefore, it is important for understanding manga to link each line to the character who speaks it.
In this study, we propose a context-aware speaker estimation method for manga that estimates the speaker of a line by taking consecutive lines as input. The proposed method considers the conversation context and the manga-specific expression by using the prediction results obtained by the natural language processing model and the candidate speakers defined by the distance between the target lines and each character in the manga image.
キーワード (和) 漫画 / 話者推定 / / / / / /  
(英) Manga / Speaker Estimation / / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, no. 10, AIT2022-55, pp. 67-70, 2022年3月.
資料番号  
発行日 2022-03-01 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2022-03-08 - 2022-03-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2022(Expressive Japan 2022) 
テーマ(英) Expressive Japan 2022 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IIEEJ 
会議コード 2022-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 会話の流れを考慮した漫画における自動話者推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Context-Aware Speaker Estimation in Manga 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 漫画 / Manga  
キーワード(2)(和/英) 話者推定 / Speaker Estimation  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 理哉 / Toshiya Yamaguchi / ヤマグチ トシヤ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古田 諒佑 / Ryosuke Furuta / フルタ リョウスケ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 行信 / Yukinobu Taniguchi / タニグチ ユキノブ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 日並 遼太 / Ryota Hinami / ヒナミ リョウタ
第4著者 所属(和/英) Mantra株式会社 (略称: Mantra)
Mantra Inc (略称: Mantra)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 石渡 祥之佑 / Shonosuke Ishiwatari / イシワタリ ショウノスケ
第5著者 所属(和/英) Mantra株式会社 (略称: Mantra)
Mantra Inc (略称: Mantra)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-08 09:29:00 
発表時間 12 
申込先研究会 IIEEJ 
資料番号 ITE-AIT2022-55 
巻番号(vol) ITE-46 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.67-70 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2022-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会