お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-08 12:40
アニメ線画における小領域の幾何変換による自動彩色
大木崇史東海大)・前島謙宣OLM/IMAGICA)・品川政太朗舩冨卓哉中村 哲向川康博奈良先端大)・久保尋之東海大
抄録 (和) 本論文では,アニメ線画において小さい領域が正しく自動彩色が可能な手法を提案する.これまでアニメ線画の彩色作業の自動化が提案されており,大きな領域の自動彩色は比較的に精度が良いことが知られているが,キャラクタの目や鼻など,小さい領域は正しい色で彩色することが難しい.そこで本研究では,このような小さい領域に対して自動彩色することを目的とし,線画に含まれる小領域のみを幾何変換により拡大させた後に自動彩色を実行する.提案手法は,小領域に対しても正しい色での彩色が可能であり,本手法の有効性を確認した. 
(英) In this paper, we propose a method that enables correct automatic coloring of small areas in animated line drawings. So far, automation of the coloring work of animation line drawings has been proposed, and it is known that automatic coloring of large areas is relatively accurate, but small areas such as the eyes and nose of characters are colored with the correct color. It's difficult. Therefore, in this study, the purpose is to automatically color such a small area, and after enlarging only the small area included in the line art by geometric transformation, automatic coloring is performed. The proposed method can be colored with the correct color even for a small area, and the effectiveness of this method has been confirmed.
キーワード (和) 自動彩色 / アニメ線画 / / / / / /  
(英) automatic colorization / anime line-drawing / / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 46, no. 10, AIT2022-64, pp. 103-106, 2022年3月.
資料番号 AIT2022-64 
発行日 2022-03-01 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS CG-ARTS  
開催期間 2022-03-08 - 2022-03-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2022(Expressive Japan 2022) 
テーマ(英) Expressive Japan 2022 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2022-03-AIT-IIEEJ-AS-ARTS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アニメ線画における小領域の幾何変換による自動彩色 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic coloring of small regions in anime line drawings by geometric transformation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自動彩色 / automatic colorization  
キーワード(2)(和/英) アニメ線画 / anime line-drawing  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大木 崇史 / Takashi Ogi / オオギ タカシ
第1著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前島 謙宣 / Akinobu Maejima / マエジマ アキノブ
第2著者 所属(和/英) 株式会社オー・エル・エム・デジタル/株式会社IMAGICA GROUP (略称: OLM/IMAGICA)
OLM Digital, Inc./IMAGICA Group, Inc. (略称: OLM/IMAGICA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 品川 政太朗 / Seitaro Shinagawa / シナガワ セイタロウ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 舩冨 卓哉 / Takuya Funatomi / フナトミ タクヤ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 哲 / Satoshi Nakamura / ナカムラ サトシ
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 向川 康博 / Yasuhiro Mukaigawa / ムカイガワ ヤスヒロ
第6著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 尋之 / Hiroyuki Kubo / クボ ヒロユキ
第7著者 所属(和/英) 東海大学 (略称: 東海大)
Tokai University (略称: Tokai Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-08 12:40:00 
発表時間 12 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2022-64 
巻番号(vol) ITE-46 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.103-106 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2022-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会