お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップ  戻る   前のIST研究会 / 次のIST研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

*** ※当初公開した際と対面聴講の募集方法を変更いたしました。(6/27)
◎会場の都合により、対面での聴講には人数制限を設けさせていただきます。
お申し込みの方はお手数ですが、下記フォームから聴講形式の回答をお願いいたします。
40名となった時点でオンライン聴講限定となります。

回答フォーム

9/12(火) 〆切です.
◎現地での現金授受を行いません.必ずオンラインで参加費をお支払いください. ***

研究会を下記のとおり開催いたします.

【テーマ】
イメージセンサ一般(プロセス・デバイス・回路モデリング・実装技術・画像処理アルゴリズム等)完成品に限らず、企画段階の検討についても発表可能です。

【発表申し込み、締切り】
2023年7月28日(金)

【日時】
2023年9月15日(金)11:00〜16:25
当初予定より開始時間を見直しました。
講演者追加により、プログラム時間を見直しました。(8/2)

【場所】
機械技術振興会館 67会議室
一般講演:発表 15 分 + 質疑応答 5 分

【問合せ先(担当幹事)】
○情報センシング研究会
東京工業大学 徳田 崇
立命館大学 大倉 俊介
(株)ニコン 立川 法義
----IST幹事、委員の方へ------
研究会終了後に本年度の幹事委員会を開催いたしますので ご出席、よろしくお願いいたします。
【開催場所】 機械振興会館67会議室




情報センシング研究会(IST) [schedule] [select]
委員長 池辺 将之 (北大)
担当幹事 徳田 崇 (東工大), 大倉 俊介 (立命館大), 立川 法義 (ニコン)

日時 2023年 9月15日(金) 11:00 - 16:25
議題 イメージセンサ一般(プロセス・デバイス・回路モデリング・実装技術・画像処理アルゴリズム等)完成品に限らず、企画段階の検討についても発表可能です。 
会場名 機械振興会館 
参加費に
ついて
この開催は「技報完全電子化」研究会です.参加費(IST研究会)についてはこちらをご覧ください

9月15日(金) 午前 
11:00 - 16:25
(1) 11:00-11:05 開会あいさつ
(2) 11:05-11:25 Ge-on-Siストーンサークルイメージセンサ 江藤剛治阪大)・武藤秀樹リンクリサーチ)・澤野憲太郎東京都市大)・渡部平司志村考功阪大)・Edoardo Charbonローザンヌ工大
(3) 11:25-11:45 A 2-Tap 4-Phase Indirect Time-of-Flight Ranging Method using Half-Pulse Modulation with Sub-Frame Operation for Depth Precision Enhancement and Motion Artifact Suppression Kuo Chia-ChiKuroda RihitoTohoku Univ.
(4) 11:45-12:05 超高時間分解コンピュテーショナルCMOSイメージセンサを用いた深層学習による疑似dToF 吉田道隆学振)・ファム ゴック アンリュウ ドゥシン安富啓太川人祥二香川景一郎静岡大)・長原 一阪大
  12:05-13:00 昼食 ( 55分 )
(5) 13:00-13:20 3µmセル 2-Tap型ToF方式距離画像センサにおけるTapミスマッチ低減による高フレームレート測距の実現 赤池瑞生寄門雄飛横川創造岡田千丈小玉小桃岩下梨沙本田勝巳濱崎嵩宏義経尚平英 祐輝名古屋 慶出崎雅嗣日田聖大若林準人古閑史彦ソニー
(6) 13:20-13:40 A 648 x 484-Pixel 4-Tap Hybrid Time-of-Flight Image Sensor with 8 and 12 Phase Demodulation for Long-Range Indoor and Outdoor Operations Kamel MarsKensuke SakaiYugo NakataniMasashi HakamataKeita YasutomiDe Xing LioeKeiichiro KagawaShizuoka Univ.)・Tomoyuki AkahoriTomohiko KosugiSatoshi AoyamaToppan Inc.)・Shoji KawahitoShizuoka Univ.
(7) 13:40-14:00 ビューイングおよびセンシングアプリケーションに適した田口画素アーキテクチャCMOSイメージセンサの提案 山中貴哉飯田聡子坂野頼人川又大典松浦知宏土志田雅啓馬場雅廣片山英俊薊 純一郎鍋吉祥平藤森信彦サンギン ハンアダッシュ バサヴァリンガッパソニー
  14:00-14:10 休憩 ( 10分 )
(8) 14:10-14:30 0.56um-pitch CMOS image sensor for high resolution application Chun Yung AiKazufumi Watanabe・○Sangjoo LeeGeunsook ParkOVT US)・Akira ImaizumiOVT Japan)・King W. YeungOVT US)・Shun Cheng TienPei Hsiu TsengOVT Taiwan)・Alan Chih-Wei HsiungLindsay A. GrantOVT US
(9) 14:30-14:50 高飽和信号量と低ノイズを実現する2層トランジスタ画素積層型の0.6μm画素CMOSイメージセンサー 西田慶次杉本匡隆大川達也鈴木貫太荻田知治平松克規平野智之菊池善明SSS)・西村雄二竹内耕平米山大輔永喜 徹山田周輝川島寛之SCK)・北野良昭SSS
(10) 14:50-15:10 小型画素イメージセンサに向けたデュアルコンバージョンゲイン方式の検討 坂野綾香立田一葵大谷 愛大倉俊介立命館大)・宮内 健森川有輝韓 相萬大和田英樹高柳 功ブリルニクスジャパン
(11) 15:10-15:30 A 3.06 μm SPAD Pixel with Embedded Metal Contact and Power Grid on Deep Trench Pixel Isolation for High-resolution Photon-counting Tatsuya NakataJun OgiFumiaki SanoYoshiki KuboWataru OnishiCharith KoswaththagheTakeya MochizukiYoshiaki TashiroKazuki HizuTakafumi TakatsukaFumihiko KogaTomoyuki HiranoYusuke OikeSSS
  15:30-15:40 休憩 ( 10分 )
(12) 15:40-16:00 110dB High Dynamic Range Continuous Non-Uniform TTS and Linear ADC Scheme Using A 4.6 um Stacked Digital Pixel Sensor Toshiyuki IsozakiKazuya MoriKen MiyauchiMasayuki UnoRimon IkenoIsao TakayanagiJunichi NakamuraBrillnics Japan)・Shou-Gwo WuuBrillnics)・Andrew BerkovichSong ChenWei GaoTsung-Hsun TsaiChiao LiuMeta
(13) 16:00-16:20 124dBのダイナミックレンジと6.2mWの低消費電力で可視・近赤外光のDual Channelグローバルシャッタ撮像機能を有する積層型デジタルピクセルセンサ 宮内 健高柳 功永松正人阿部啓史盛 一也宇野正幸磯崎俊之池野理門ブリルニクスジャパン)・Hsin-Li ChenChih-Hao LinWen-Chien FuShou-Gwo Wuuブリルニクス)・Song ChenLyle BainbridgeQing ChaoRamakrishna ChilukuriWei GaoAndrew P. HammondTsung-Hsun TsaiChiao LiuMeta
(14) 16:20-16:25 閉会挨拶

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
IST 情報センシング研究会(IST)   [今後の予定はこちら]
問合先  


Last modified: 2023-08-16 11:40:21


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[IST研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のIST研究会 / 次のIST研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会