お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 0000-00-00 00:00
超小型衛星Negai☆″の地球画像データ補間システムの研究
浦辻宗一郎今村弘樹黒木聖司創価大
抄録 (和) 創価大学黒木研究室では,超小型衛星Negai☆″の研究・開発を行い,2010 年5月21 日の打上げ・運用に成功した.高度300km の軌道を周回し,打上げ後35日で大気圏に突入し,流れ星のように燃え尽きた. Negai☆″衛星のミッションの1つとして,地球画像の取得がある.周辺環境の混信等により,地球画像の取得には,多くのパケットロスが生じ,かつ短期間での再取得は難しい.そこで本研究では,パケットロスした欠損画像を補間する2つの方式を提案する.?画像データのランダム配列による欠損周囲ピクセルからの補間.?欠損領域と類似性の高い領域からの補間.これらの実験と評価により,提案した手法が地球画像データ補間のために有効であることを示す. 
(英) Kuroki laboratory at Soka University developed a pico-satellite called “Negai” which was launched into the space on May 21, 2010 successfully. Its orbit is a circular orbit with 300km altitude, and then the thin air pulled it back into the atmosphere to be burnt out like an artificial shooting star in 35 days after launch. One of Negai’s engineering missions is to take the earth image. However packet loss in transmission is worried about making the picture illegible. There for, we propose two systems to recover the possible packet losses in the picture: 1. Interpolation using adjacent area pixel information. 2. Analogical interpolation using similar picture regions to the packet loss region. The experimental results show these systems effective for satellite image interpolation.
キーワード (和) 超小型人工衛星 / 補間 / 地球画像データ / パケットロス / 地上局 / / /  
(英) Pico-satellite / Interpolation / Earth image data / Packet loss / Grand station / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 9, ME2011-49, pp. 209-214, 2011年2月.
資料番号 ME2011-49 
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-ITS IEICE-IE AIT HI ME  
開催期間 2011-02-21 - 2011-02-22 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) ITS画像処理、映像メディア、視覚および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2011-02-ITS-IE-AIT-HI-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超小型衛星Negai☆″の地球画像データ補間システムの研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Earth Image Data Interpolation Systems of a Pico-satellite Negai 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超小型人工衛星 / Pico-satellite  
キーワード(2)(和/英) 補間 / Interpolation  
キーワード(3)(和/英) 地球画像データ / Earth image data  
キーワード(4)(和/英) パケットロス / Packet loss  
キーワード(5)(和/英) 地上局 / Grand station  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦辻 宗一郎 / Soichiro Uratsuji / ウラツジ ソウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 創価大学大学院 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 弘樹 / Hiroki Imamura / イマムラ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 創価大学大学院 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒木 聖司 / Seiji Kuroki / クロキ セイジ
第3著者 所属(和/英) 創価大学大学院 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 0000-00-00 00:00:00 
発表時間  
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-HI2011-10,ITE-ME2011-49,ITE-AIT2011-10 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.209-214 
ページ数 ITE-6 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会