お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
お知らせ 7月4日(月) 21:00-22:00,サーバメンテナンスのためシステムが停止します.
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-07-31 14:40
パケット選択型TS切替器の開発
村山研一NHK
抄録 (和) 地上デジタル放送は単一周波数網による放送サービスを実現するために,従来のアナログ放送と比較して,TTLを多く用いたネットワーク構成となっている.特にTS方式STL/TTL回線では一旦回線に障害が発生すると,同期を再生するまでに時間を要するため,回線障害発生時における放送サービスへの影響が大きいことが知られている.この影響を軽減するために,TS パケットの正誤を自動的に判断し,常に正常なパケットを選択するTS 切替器を開発した. 
(英) Digital terrestrial broadcasting network uses more TTL links rather than analog network in order to construct Single Frequency Network (SFN).Therefore even instantaneous TS-STL shut off propagates following TS-TTL links and influence on broadcasting service is not negligible, because a longer time is required for whole network resynchronization. In this report, development and evaluation result of TS switcher, that is able to reduce the influence on the service by implementing a function to eliminate anomaly packet, is described.
キーワード (和) 地上デジタル放送 / TS切替器 / SFN / 放送TS / STL / / /  
(英) digital terrestrial broadcasting / TS switcher / SFN / Broadcasting TS / STL / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 32, no. 33, BCT2008-62, pp. 13-16, 2008年7月.
資料番号 BCT2008-62 
発行日 2008-07-24 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT HOKKAIDO  
開催期間 2008-07-31 - 2008-08-01 
開催地(和) 北海道大学情報基盤センター 
開催地(英) Hokkaido University information initiative Center 
テーマ(和) デジタル放送受信技術および一般 
テーマ(英) Digital Broadcasting Reception Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2008-07-BCT-BT-HOKKAIDO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パケット選択型TS切替器の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of TSP Switch using Packet Routing Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 地上デジタル放送 / digital terrestrial broadcasting  
キーワード(2)(和/英) TS切替器 / TS switcher  
キーワード(3)(和/英) SFN / SFN  
キーワード(4)(和/英) 放送TS / Broadcasting TS  
キーワード(5)(和/英) STL / STL  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 研一 / Murayama Kenichi / ムラヤマ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-07-31 14:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2008-62 
巻番号(vol) ITE-32 
号番号(no) no.33 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2008-07-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会