お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-08-01 11:40
地上デジタル中継局用低遅延マルチパス等化装置
上田裕人谷岡秀亮小谷秀樹吉見智文中原俊二竹内知明渋谷一彦NHK)・三富高行NEC
抄録 (和) SFNネットワークを構成する地上デジタル中継局は、放送エリアの電波の到来時間差をガードインターバル(126µs)内に収める必要がある。しかし、通常のマルチパス等化装置は信号処理時間が8ms程度と長いため、使用できないことがあった。そこで、FIRフィルタでマルチパスを等化することで、信号処理時間を17µs程度に短縮した低遅延マルチパス等化装置を開発した。FIRフィルタの規模は、シミュレーション結果からオレンジブックの規定を満足するように設計した。また、室内実験で試作機を評価した結果、十分な特性が得られることを確認した。最後に、低遅延マルチパス等化装置の適用回線例を示す。 
(英) Relay stations are frequently configured as SFN on ISDB-T network in Japan. SFN relay stations should maintain time delay within their guard intervals (126µs) in their common service area. However, the former channel equalizer can not often keep them because of its long processing time, approximately 8ms. A new channel equalizer was developed to shorten its processing time with approximately 17µs. FIR filters are introduced for multi-path equalization. This paper describes a laboratory test result, which verified the performance of this new equalizer. Also, an example of usage of the equalizer on the SFN network is shown.
キーワード (和) 地上デジタル放送 / 放送波中継 / 等化器 / マルチパス / 低遅延 / FIRフィルタ / /  
(英) DTTB / Broadcast Wave Relay / Equalizer / Multi-path / Short Processing Time / FIR filter / /  
文献情報 映情学技報, vol. 32, no. 33, BCT2008-70, pp. 47-50, 2008年7月.
資料番号 BCT2008-70 
発行日 2008-07-24 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT HOKKAIDO  
開催期間 2008-07-31 - 2008-08-01 
開催地(和) 北海道大学情報基盤センター 
開催地(英) Hokkaido University information initiative Center 
テーマ(和) デジタル放送受信技術および一般 
テーマ(英) Digital Broadcasting Reception Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2008-07-BCT-BT-HOKKAIDO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地上デジタル中継局用低遅延マルチパス等化装置 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Channel equalizer with short processing time for the digital terrestrial broadcast link 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 地上デジタル放送 / DTTB  
キーワード(2)(和/英) 放送波中継 / Broadcast Wave Relay  
キーワード(3)(和/英) 等化器 / Equalizer  
キーワード(4)(和/英) マルチパス / Multi-path  
キーワード(5)(和/英) 低遅延 / Short Processing Time  
キーワード(6)(和/英) FIRフィルタ / FIR filter  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 裕人 / Hiroto Ueda / ウエダ ヒロト
第1著者 所属(和/英) NHK技術局 (略称: NHK)
NHK Engineering Administration Department (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷岡 秀亮 / Hideaki Tanioka / タニオカ ヒデアキ
第2著者 所属(和/英) NHK技術局 (略称: NHK)
NHK Engineering Administration Department (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小谷 秀樹 / Hideki Kotani / コタニ ヒデアキ
第3著者 所属(和/英) NHK技術局 (略称: NHK)
NHK Engineering Administration Department (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉見 智文 / Tomofumi Yoshimi / ヨシミ トモフミ
第4著者 所属(和/英) NHK技術局 (略称: NHK)
NHK Engineering Administration Department (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中原 俊二 / Shunji Nakahara / ナカハラ シュンジ
第5著者 所属(和/英) NHK技術局 (略称: NHK)
NHK Engineering Administration Department (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 知明 / Tomoaki Takeuchi / タケウチ トモアキ
第6著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technical Research Laboratories (略称: NHK)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 渋谷 一彦 / Kazuhiko Shibuya / シブヤ カズヒコ
第7著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science and Technical Research Laboratories (略称: NHK)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 三富 高行 / Takayuki Mitomi / ミトミ タカユキ
第8著者 所属(和/英) 日本電気株式会社放送映像事業部第一技術部 (略称: NEC)
NEC Corporation、1st Engineering Department、Broadcast And Video Equipment Division (略称: NEC)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-08-01 11:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2008-70 
巻番号(vol) ITE-32 
号番号(no) no.33 
ページ範囲 pp.47-50 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2008-07-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会