映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-16 14:00
酸化亜鉛TFTを信号読出し回路に用いた有機膜積層型撮像デバイス
瀬尾北斗相原 聡難波正和渡部俊久大竹 浩久保田 節江上典文NHK)・平松孝浩松田時宜古田 守平尾 孝高知工大
抄録 (和) 青・緑・赤色光のそれぞれに対してのみ感度を持つ有機光導電膜を積層した単板カラー撮像デバイスの検討を進めている.今回,青色用・緑色用・赤色用の有機光導電膜をそれぞれ透明電極で挟みこんだ3枚のサンドイッチセルを積み重ねた光センサを試作し,その分光感度特性の測定結果から,有機光導電膜を積層した構造で光の3原色を分離してそれぞれに対応した光生成信号を独立に取り出すことが可能であることを確認した.さらに,可視域の光を透過する酸化亜鉛を半導体層に用いたTFTからなる信号読み出し回路上に緑色用・赤色用の有機光導電膜を形成し,それらを積層することでカラー撮像が可能であることを実証した. 
(英) We have studied a single-chip image sensor with stacked structure consisting of transparent readout circuits and organic photoconductive films sensitive only to blue, green or red color each. Stacked three organic photoconductive films sandwiched by transparent electrodes showed excellent color separation and photosensitivity. In addition, image pickup was demonstrated by stacked organic image sensors with zinc oxide TFTs readout circuit.
キーワード (和) 有機光導電膜 / 光センサ / 酸化亜鉛TFT信号読出し回路 / 有機膜積層型撮像デバイス / / / /  
(英) organic photoconductive films / zinc oxide TFT readout circuit / stacked organic image sensor / / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2008-12-16 - 2008-12-17 
開催地(和) 東京大学本郷キャンパス 山上会館 
開催地(英) Univ. of Tokyo 
テーマ(和) 高機能イメージセンサとその応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2008-12-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 酸化亜鉛TFTを信号読出し回路に用いた有機膜積層型撮像デバイス 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Stacked Organic Image Sensor with Zinc-oxide TFTs as Signal Readout Circuit 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 有機光導電膜 / organic photoconductive films  
キーワード(2)(和/英) 光センサ / zinc oxide TFT readout circuit  
キーワード(3)(和/英) 酸化亜鉛TFT信号読出し回路 / stacked organic image sensor  
キーワード(4)(和/英) 有機膜積層型撮像デバイス /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬尾 北斗 / Hokuto Seo / セオ ホクト
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 相原 聡 / Satoshi Aihara / アイハラ サトシ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 難波 正和 / Masakazu Nanba / ナンバ マサカズ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡部 俊久 / Toshihisa Watabe / ワタベ トシヒサ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大竹 浩 / Hiroshi Ohtake / オオタケ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 日本放送協会放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保田 節 / Misao Kubota / クボタ ミサオ
第6著者 所属(和/英) 日本放送協会放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 江上 典文 / Norifumi Egami / エガミ ノリフミ
第7著者 所属(和/英) 日本放送協会放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 平松 孝浩 / Takahiro Hiramatsu / ヒラマツ タカヒロ
第8著者 所属(和/英) 高知工科大学 (略称: 高知工大)
Kochi Univercity of Technology (略称: Kochi Uni. of Technol)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 時宜 / Tokiyoshi Matsuda / マツダ トキヨシ
第9著者 所属(和/英) 高知工科大学 (略称: 高知工大)
Kochi Univercity of Technology (略称: Kochi Uni. of Technol)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 古田 守 / Mamoru Furuta / フルタ マモル
第10著者 所属(和/英) 高知工科大学 (略称: 高知工大)
Kochi Univercity of Technology (略称: Kochi Uni. of Technol)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 平尾 孝 / Takashi Hirao / ヒラオ タカシ
第11著者 所属(和/英) 高知工科大学 (略称: 高知工大)
Kochi Univercity of Technology (略称: Kochi Uni. of Technol)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-12-16 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IST 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会