お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-18 13:25
ロボット間通信のための機能的階層符号化
田口秀樹岩橋政宏木村哲也長岡技科大
抄録 (和) 本報告では、人とロボットが映像情報を共有する、ロボットビジョン・ネットワークにおいて、ロボット間通信時のデータ伝送量を低減できる、機能的な階層符号化方式を提案する。従来の符号化方式は、一般に人の視覚特性を考慮して設計される。これに対し提案方式は、ロボット間での通信時には、ロボットが自己位置推定するのに(自己位置推定という機能に)必要な情報のみを伝送する。また、人が映像を閲覧する際には、追加分のみを更に伝送する。このように、ロボット用の通信データと、人用の追加データとに階層化して符号化伝送することで、通信路が持つ限られた伝送帯域の有効活用が可能となる。 
(英) In this report, we propose a new video communication method for the robot vision network in which video signals are shared by "robots" and "humans". A conventional compression algorithm, such as JPEG or MPEG discards component signals insensitive to human eyes, e.g. high frequency band and tiny signals. On the contrary, the proposed method transmits minimum components necessary for recognition by "robots". In case of communications between "robots", data size to be transmitted is reduced by the proposed method. It is also possible to communicate video signals between "humans" by
transmitting only the remaining components.
キーワード (和) 階層符号化 / ロボット / 通信 / 動き推定 / / / /  
(英) Layered Coding / Robot / Communication / Motion Estimation / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME IEICE-BS  
開催期間 2008-12-18 - 2008-12-19 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata Univ. 
テーマ(和) 通信品質,メディア・インタフェース及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2008-12-ME-BS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ロボット間通信のための機能的階層符号化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Functionally layered coding for robot to robot communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 階層符号化 / Layered Coding  
キーワード(2)(和/英) ロボット / Robot  
キーワード(3)(和/英) 通信 / Communication  
キーワード(4)(和/英) 動き推定 / Motion Estimation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 秀樹 / Hideki Taguchi / タクチ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Technology)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩橋 政宏 / Masahiro Iwahashi / イワハシ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Technology)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 哲也 / Tetsuya Kimura /
第3著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Technology)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-12-18 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ME 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会