お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-12-19 11:40
領域ベース背景差分によるロバストな物体抽出法
達 康典吉田俊之仲野 豊福大
抄録 (和) 固定カメラで撮影した対象画像および背景画像を用いて背景差分を行う場合,画像間で照明条件が変化すると抽出精度が低下する問題がある.著者らは、この問題を解決するため,従来の画素ベースの背景差分ではなく,領域に基づく背景差分法を提案してきた.小文では,複雑な物体の形状,外乱や物体の影の発生など様々な条件を想定し,実験により本手法の有効性を示す. 
(英) Background subtraction technique is often affected by illumination variation. To alleviate the problem, the authors have proposed a novel background subtraction technique by extending the conventional pixel-based approach to region-based one. This paper illustrates advantages of the proposed technique over the conventional one, by applying it to several test images having various shape of targets, shading, and other interference.
キーワード (和) 背景差分 / 参照画素 / 領域ベース背景差分 / Watershed法 / / / /  
(英) background subtraction / reference pixels / egion-based algorithm / watershed technique / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME IEICE-BS  
開催期間 2008-12-18 - 2008-12-19 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata Univ. 
テーマ(和) 通信品質,メディア・インタフェース及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2008-12-ME-BS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 領域ベース背景差分によるロバストな物体抽出法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Robust object extraction using a region-based background subtraction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 背景差分 / background subtraction  
キーワード(2)(和/英) 参照画素 / reference pixels  
キーワード(3)(和/英) 領域ベース背景差分 / egion-based algorithm  
キーワード(4)(和/英) Watershed法 / watershed technique  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 達 康典 / Yasunori Tatsu / タツ ヤスノリ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福大)
Fukui University (略称: Fukui Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 俊之 / Toshiyuki Yoshida / ヨシダ トシユキ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福大)
Fukui University (略称: Fukui Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲野 豊 / Yutaka Nakano / ナカノ ユタカ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福大)
Fukui University (略称: Fukui Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-12-19 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ME 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会