お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-19 10:40
Sparse Codingを制約としたV1受容野情報表現モデルの統計的評価
廣瀬義崇酒井 宏筑波大
抄録 (和) 本研究ではV1細胞が周囲変調を含めたときに,その情報表現がSparse Codingになるかどうかを議論していく.係数分布のSparseness(まばらさ)を観察するため,尖度,KL距離という統計量に注目して周囲変調モデルと古典的受容野モデルの係数分布の比較を行なった.その結果,尖度は高くないが,KL距離からは従来モデルに近い係数分布を形成することが確認された.そこで,係数分布の尖度向上の可能性を検討するため,コスト関数においてSparsenessを規定する非線形関数の変更を考えた.その結果,変更後のモデルでもSparsenessが十分に向上しないことが示された.原因としては,周囲変調を踏まえたV1 細胞の情報表現はSparsenessの低下を招くことや,モデルに対する係数の制約が,Sparsenessについてだけでは不十分であること等が挙げられる. 
(英) We discuss the information representation in V1 neurons including their surround modulation, with specific interests on sparseness in their coding. We compared statistical indices, kurtosis and KL divergence, between the surround-modulation model and a classical receipt field (CRF) model to evaluate the sparseness of coefficients represented in the models.The results showed a low kurtosis in the distribution of coefficient with the surround-modulation model, but a low KL distance between the models indicated their distributions fairly closed to each other. Next, we modified the nonlinear function that controls sparseness in the cost function with the aim of improving the kurtosis.The modification did not improve the distribution.These results suggest that surround modulation would decrease sparseness of the information representation in V1 cells, or that representation might not be characterized solely by sparseness.
キーワード (和) Sparse Coding / 周囲変調 / V1 / / / / /  
(英) Sparse Coding / Surrounding Modulation / V1 / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 33, no. 17, HI2009-76, pp. 33-36, 2009年3月.
資料番号 HI2009-76 
発行日 2009-03-11 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI  
開催期間 2009-03-18 - 2009-03-19 
開催地(和) 東京工業大学 大岡山キャンパス 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 視聴覚技術,ヒューマンインターフェース(立体映像技術研共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2009-03-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Sparse Codingを制約としたV1受容野情報表現モデルの統計的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Statistical analysis of information expression in V1 receipt field with sparseness constraint 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Sparse Coding / Sparse Coding  
キーワード(2)(和/英) 周囲変調 / Surrounding Modulation  
キーワード(3)(和/英) V1 / V1  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 義崇 / Yoshitaka Hirose / ヒロセ ヨシタカ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 宏 / Ko Sakai / サカイ コウ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-19 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2009-76 
巻番号(vol) ITE-33 
号番号(no) no.17 
ページ範囲 pp.33-36 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2009-03-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会