お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-03-19 11:20
形状知覚に輪郭の同期が与える効果
光岡亜弥羽鳥康裕酒井 宏筑波大
抄録 (和) 形状知覚のメカニズムとして注目されているものに、一次視覚皮質(V1)における物体形状の中心軸表現と神経細胞の同期発火がある。同期に関する研究は主に電気生理で進んでいるが、同期の形状知覚過程への直接の寄与は未だ明らかになっていない。本研究では、異なる同期率で点滅する輪郭で構成された刺激を用いて、図方向知覚に対して同期が与える効果を心理物理実験により検討した。実験の結果、同期率の高い刺激に対して図知覚が促進されることがわかった。また、刺激の形状の違いによる図方向決定の変調に差はなく、形状によらず、同期の効果によって形状知覚に変化が起こることが示唆された。 
(英) Medial-axis representation of object shape in V1 and the synchronous firing of neurons attract attention as mechanisms of shape perception. Although physiological studies on synchronization have been advanced, the direct evidence of synchronization on shape perception has not been clarified. In the present study, we investigated psychophysically the effect of synchronization on shape perception with stimuli consisting of contours that flicker at distinct synchronous rate. Our results showed that the perception of figure direction is facilitated for an object with higher synchronization rate. The magnitude of modulation in the perception of figure direction was independent of stimuli shape. The results suggest that the synchronization of stimulus contour is crucial for shape perception.
キーワード (和) 形状知覚 / 同期 / 図方向知覚 / / / / /  
(英) Shape Perception / Synchronous / Perception of the Border-Ownership / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 33, no. 17, HI2009-78, pp. 41-44, 2009年3月.
資料番号 HI2009-78 
発行日 2009-03-11 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI  
開催期間 2009-03-18 - 2009-03-19 
開催地(和) 東京工業大学 大岡山キャンパス 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 視聴覚技術,ヒューマンインターフェース(立体映像技術研共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2009-03-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 形状知覚に輪郭の同期が与える効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effects of synchronous representation of contours on shape perception 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 形状知覚 / Shape Perception  
キーワード(2)(和/英) 同期 / Synchronous  
キーワード(3)(和/英) 図方向知覚 / Perception of the Border-Ownership  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 光岡 亜弥 / Aya Mitsuoka / ミツオカ アヤ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽鳥 康裕 / Yasuhiro Hatori / ハトリ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 宏 / Ko Sakai / サカイ コウ
第3著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-03-19 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2009-78 
巻番号(vol) ITE-33 
号番号(no) no.17 
ページ範囲 pp.41-44 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2009-03-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会