お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2009-12-03 16:45
多視点テクスチャのマッピングにおけるムラ低減のための簡易手法
山浦雅史磯野友洋吉田俊之福井大
抄録 (和) 多方向から撮影したテクスチャ画像を対象物体の3次元モデルにマッピングする際は,視点の変化に伴う照明条件の変動によってテクスチャ画像間にムラが生じ,3次元モデル上で顕著な輝度ムラとなる可能性がある.この問題を回避するための一般的手法として,物体表面の反射モデルと光源情報を用いてテクスチャの輝度を補正する手法等が知られているが,3次元形状や反射モデルの誤差等の要因により,輝度ムラを完全に除去することは困難である.そこで小文では,このようなモデルベースによるアプローチではなく,マッピング後のテクスチャ間の輝度差を直接低減することにより,視覚的な不連続性を除去する簡易な手法を提案する.具体的には,ラプラスの方程式を用いて輝度差を補正する手法を,各視点方向からの投影画像に適用することでムラの低減を図る.いくつかの対象物体に本手法を適用し,その有効性を検証する. 
(英) Mapping of multi-viewpoint texture images onto the corresponding 3-D shape model often introduces severe nonuniformity of luminance because of a variation of illumination conditions with respect to each viewpoint. To alleviate this problem, although several model-based compensation techniques based on a surface reflection model and light source information have been proposed, a perfect reduction of such a nonuniformity is generally impossible. This paper therefore proposes a simple reduction technique for the nonuniformity based not on a physical model but on a direct and visual reduction of the nonuniformity. Several experimental results show that the proposed technique is promising.
キーワード (和) テクスチャマッピング / 多視点 / 不連続 / ムラ / 補正 / / /  
(英) texture mapping / multi-viewpoints / discontinuity / nonuniformity / compensation / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 33, no. 54, ME2009-221, pp. 29-32, 2009年12月.
資料番号 ME2009-221 
発行日 2009-11-26 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME IEICE-BS  
開催期間 2009-12-03 - 2009-12-04 
開催地(和) 長野県工業技術総合センター 
開催地(英) Nagano Prefecture General Industrial Technology Center 
テーマ(和) メディア処理とバイオメトリクス及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2009-12-ME-BS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多視点テクスチャのマッピングにおけるムラ低減のための簡易手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simple reduction technique for luminance fluctuation in mapping of multi-viewpoint texture images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) テクスチャマッピング / texture mapping  
キーワード(2)(和/英) 多視点 / multi-viewpoints  
キーワード(3)(和/英) 不連続 / discontinuity  
キーワード(4)(和/英) ムラ / nonuniformity  
キーワード(5)(和/英) 補正 / compensation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山浦 雅史 / Masashi Yamaura / ヤマウラ マサシ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 磯野 友洋 / Tomohiro Isono / イソノ トモヒロ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 俊之 / Toshiyuki Yoshida / トシユキ ヨシダ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2009-12-03 16:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ME 
資料番号 ME2009-221 
巻番号(vol) 33 
号番号(no) no.54 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数
発行日 2009-11-26 (ME) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会