映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-10-14 14:05
聴覚刺激によって引き起こされる大きさ錯視
竹島康博行場次朗東北大
抄録 (和) 大きさの錯視に関する研究はこれまで数多く行われてきたが,聴覚刺激による影響はあまり検討されてこなかった.しかし,聴覚刺激も物体の長さの判断の手掛かりになることが先行研究により示されているため,聴覚刺激の付加は大きさの知覚を変容させる可能性がある.そこで,本研究では聴覚刺激の付加が大きさの錯視を引き起こすかを検討した.実験の結果,音圧の大きな聴覚刺激の付加によって,物体の大きさが過大視されるという効果が見られた.また,この効果は視覚情報の信頼性の低い周辺視野でのみ生じることが示された.以上の結果より,聴覚情報も大きさ知覚に影響を与えており,特に周辺視野においてより大きなウェイトで利用されることが示唆される. 
(英) Many studies have been conducted on visual size illusion. However, possible auditory effects have not been examined yet. The previous study indicated that the difference of length could be perceived even by auditory modality. So, we assume that adding auditory stimuli to visual stimuli could alter their size perception. The results indicated that adding loud auditory stimulus made perceived size larger. Moreover, we found that this effect occurred more strongly in peripheral vision where the reliably of visual information was low. These results suggest that auditory information can modulate visual size perception and its effectiveness becomes larger in peripheral vision.
キーワード (和) 視聴覚相互作用 / 大きさ知覚 / 錯視 / 情報信頼性仮説 / / / /  
(英) Audio-visual interaction / Size perception / Visual illusion / Information reliability hypothesis / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 HI CE IEICE-HIP  
開催期間 2010-10-14 - 2010-10-15 
開催地(和) 東北大通研 
開催地(英) RIEC, Tohoku Univ. 
テーマ(和) 「視知覚の基礎と応用」,「マルチモーダル」,「感性情報処理」,およびヒューマンインフォメーション一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-HIP 
会議コード 2010-10-HIP-HI-CE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 聴覚刺激によって引き起こされる大きさ錯視 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Auditory stimulus induced visual size illusion 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視聴覚相互作用 / Audio-visual interaction  
キーワード(2)(和/英) 大きさ知覚 / Size perception  
キーワード(3)(和/英) 錯視 / Visual illusion  
キーワード(4)(和/英) 情報信頼性仮説 / Information reliability hypothesis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹島 康博 / Yasuhiro Takeshima / タケシマ ヤスヒロ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 行場 次朗 / Jiro Gyoba /
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-10-14 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IEICE-HIP 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-34 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会