お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2010-11-12 11:35
映像からの人数計測のための幾何不変量に関する検討
新井啓之宮川 勲小池秀樹NTT
抄録 (和) これまで筆者らはキャリブレーションされた単眼カメラを用い画素単位の処理のみで画面内の人数を推定するアルゴリズムを提案してきたが,本稿ではその中核となる幾何不変量について,実画像への適用性を高めるための検討を行う.提案アルゴリズムでは,各画素から実空間における人物上表面積へのスケール変換係数として定義される基準表面積を考え、画像上の人物画素に対する基準表面積の和が人物の位置によらない不変量となることを利用している.この不変量は画像の画素が密である場合に成立することが示されるが,実際の画像においては画素は離散的であり理論値からのずれが発生する.また,これまでは人物のシルエット形状を矩形で近似していたが,実際の人物は矩形ではないのでこれも誤差の要因となる.これらの問題点を踏まえ,本稿では離散化の影響をシミュレーションにより定量的に評価するとともに,対象とするシルエット形状について任意の形状を扱えるよう理論の拡張を行う. 
(英) We had proposed a technique for estimating the number of people in a video sequence using calibrated monocular camera. In this paper we focus on the geometrical invariable which plays an important role in the proposed method. In the proposed method, “standard surface area(SSA)” was defined as a scale transformation coefficient from pixel to surface area on human body in real world, for each pixel, according to the camera calibration parameters. The sum of SSA along the foreground pixels which corresponds to entire human body becomes invariable which does not depend on the location of the person in real world. However the sum of SSA has some errors in the case each pixel corresponds to rather large surface are on human body. So, in this paper, we evaluate the errors quantitatively. Moreover, the invariable is defined only for simple rectangle shape. Though the silhouette of standing human can be roughly approximated with rectangle shape, the approximation causes some errors. Therefore, we expand the invariable for the case of arbitrary shape. Experiment shows the validity of the expansion.
キーワード (和) 人数計測 / 幾何不変量 / キャリブレーション / / / / /  
(英) People number estimation / Camera calibration / Camera calibration / Video Surveillance / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 34, no. 45, ME2010-163, pp. 41-45, 2010年11月.
資料番号 ME2010-163 
発行日 2010-11-04 (BCT, ME, AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-IE AIT BCT ME  
開催期間 2010-11-11 - 2010-11-12 
開催地(和) 鹿児島大学 
開催地(英) Kagoshima Univ 
テーマ(和) 高精細度画像処理・表示および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2010-11-IE-AIT-BCT-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 映像からの人数計測のための幾何不変量に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Geometrical Inavariable for People Number Estimation using Video Camera 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 人数計測 / People number estimation  
キーワード(2)(和/英) 幾何不変量 / Camera calibration  
キーワード(3)(和/英) キャリブレーション / Camera calibration  
キーワード(4)(和/英) / Video Surveillance  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 啓之 / Hiroyuki Arai / アライ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) NTTサイバースペースk研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮川 勲 / Isao Miyagawa / ミヤガワ イサオ
第2著者 所属(和/英) NTTサイバースペースk研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 秀樹 / Hideki Koike / コイケ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) NTTサイバースペースk研究所 (略称: NTT)
NTT Cyber Space Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2010-11-12 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-BCT2010-80,ITE-ME2010-163,ITE-AIT2010-121 
巻番号(vol) ITE-34 
号番号(no) no.45 
ページ範囲 pp.41-45 
ページ数 ITE-5 
発行日 ITE-BCT-2010-11-04,ITE-ME-2010-11-04,ITE-AIT-2010-11-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会