お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-01-27 10:40
正帰還型低位相雑音Push-Push発振器
橋口廣志田中高行相川正義佐賀大
抄録 (和) 近年の無線通信においては, 周波数不足の克服と大容量高速データ伝送を満足するためにマイクロ波・ミリ波などの高い周波数帯が用いられるようになり、その結果,高周波発振器の重要性が高まっている.その課題としては, 低雑音化や高出力化などがあり, さらに小型化や低コスト化などがある.これらの課題の解決策の1 つとして,Push-Push発振回路の研究が進められている.ここでは,2 つのPush-Push発振回路をRF 乗算回路を介して同期接続し, 相互の信号の位相差を固定することによってその位相雑音を低減することを試みている. 
(英) In this paper, a novel structure of low noise positive feedback Push-Push oscillator is described. This circuit consists of two Push-Push oscillators and two RF multipliers. In the oscillator, microstrip lines are arranged on a dielectric substrate, and a slot line is arranged on the reverse side. The multiplier can fix the phase difference between the oscillation signals of the Push-Push oscillators. Therefore, the phase noise of the oscillators can be improved.
キーワード (和) マイクロ波 / Push-Push発振回路 / 位相雑音 / 乗算回路 / / / /  
(英) microwave / Push-Push oscillator / phase noise / multiplying circuit / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, 2011年1月.
資料番号  
発行日 2011-01-20 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT KYUSHU IEEE-BT IEEE-AP-S-FUKUOKA  
開催期間 2011-01-27 - 2011-01-28 
開催地(和) 第一工業大学 
開催地(英) Daiichi institute of technology 
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KYUSHU 
会議コード 2011-01-BCT-KYUSHU-BT-AP-S-FUKUOKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 正帰還型低位相雑音Push-Push発振器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Low Phase Noise Positive Feedback Push-Push Oscillator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロ波 / microwave  
キーワード(2)(和/英) Push-Push発振回路 / Push-Push oscillator  
キーワード(3)(和/英) 位相雑音 / phase noise  
キーワード(4)(和/英) 乗算回路 / multiplying circuit  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋口 廣志 / Hiroshi Hashiguchi / ハシグチ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 高行 / Takayuki Tanaka / タナカ タカユキ
第2著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 相川 正義 / Masayoshi Aikawa / アイカワ マサヨシ
第3著者 所属(和/英) 佐賀大学 (略称: 佐賀大)
Saga University (略称: Saga Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-01-27 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 KYUSHU 
資料番号 ITE-BCT2011-4 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.3 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2011-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会