お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-02-25 14:15
シーケンシャルカラー画像変換のための欠損色プレーン予測
長谷川和博相良直哉杉山賢二成蹊大
抄録 (和) 動画像フォーマットとしてフレーム単位でR,G,Bを切り替えるシーケンシャルカラー方式が提案されている。これは非圧縮情報量が4:2:2の半分でありながら、適正な色補間により4:4:4と同等の画質を得ることができる。この方式を実用化するためには、欠落色プレーンを補完し、完全なRGB画像へ変換することが重要である。そのためには、他フレームの色プレーンを動き補償補間するのが有効である。そのためには他フレームの同色プレーンを動き補償補間するが、画像変化が激しい場合、適切な補間ができない。そこで、動き補償によらないカラー推定について検討した。1色が欠落した場合には、参照画像の色空間において最も確からしい値を既存2色より予測する。2色が欠落した場合には、各プレーンの領域分割を行い、参照画像の間で類似領域を推定し、領域ごとに色を予測する。 
(英) We have proposed a sequential color system for use as a video format. In this system, three color planes are used sequentially, and, it has a picture quality of 4:4:4 with half uncompressed data of 4:2:2, if suitable color interpolation is used. To realize this system, a conversion to whole RGB picture with the interpolation of missing color plane is important. For this, we use a motion compensated interpolation by the same color plane in the other frames, however, it does not work in very fast motion. Therefore, we should consider a color plane prediction method without motion compensation. In the case of one color lack, a value of lacked plane is predicted by existing planes using a color probability of reference picture. In the case of two colors lack, a clustering of color planes is used. Each cluster is predicted by the similarity of the cluster between target and reference frames.
キーワード (和) シーケンシャルカラー / 色プレーン補間 / カラー化 / 領域分割 / / / /  
(英) Sequential Color / Color Plane Interpolation / Colorization / Clustering / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 10, BCT2011-32, pp. 11-14, 2011年2月.
資料番号 BCT2011-32 
発行日 2011-02-18 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT  
開催期間 2011-02-25 - 2011-02-26 
開催地(和) かんぽの宿 伊豆高原 
開催地(英)  
テーマ(和) 学生若手発表および一般(IEEE BT-J共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2011-02-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) シーケンシャルカラー画像変換のための欠損色プレーン予測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prediction of Lacked Color Plane for the Conversion of Sequential Color Video system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シーケンシャルカラー / Sequential Color  
キーワード(2)(和/英) 色プレーン補間 / Color Plane Interpolation  
キーワード(3)(和/英) カラー化 / Colorization  
キーワード(4)(和/英) 領域分割 / Clustering  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 和博 / Kazuhiro Hasegawa / ハセガワ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 相良 直哉 / Naoya Sagara / サガラ ナオヤ
第2著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 賢二 / Kenji Sugiyama / スギヤマ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-02-25 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2011-32 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.11-14 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2011-02-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会