お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-11 14:10
マイクロホログラムを用いた位相多値記録方式の解析
井手達朗三上秀治大澤賢太郎渡辺康一日立
抄録 (和) 光ディスクの大容量化・高速化を実現する,マイクロホログラムと位相ダイバーシティ・ホモダイン検出方式をベースとした位相多値記録再生方式の解析を行った.干渉縞の強度分布シフト量として位相信号を記録したマイクロホログラムから,位相ダイバーシティ・ホモダイン検出によって安定した位相信号が検出できることをシミュレーションにより示した.また,検出位相がピット構造の影響を受けやすいROM ディスクの凹凸ピットに比べて,一様な記録媒体に体積記録を行うマイクロホログラムは位相記録に好適であることを明らかにした. 
(英) To validate the concept of optical phase multi-level recording in microhologram by the application of phase-diversity homodyne detection, a simulation was conducted based on the 1st Born approximation method. For comparison, phase signal from pit structure of BD-ROM was also experimentally and numerically evaluated. In both cases, phase signal was successfully obtained. In particular, phase signal from microhologram was much more stable despite the variety of their sizes than BD-ROM. These results show that microhologram is very suitable for our proposed phase multi-level recording by the application of phase-diversity homodyne detection.
キーワード (和) 光ディスク / 多層記録 / マイクロホログラム / 位相多値記録再生 / 位相ダイバーシティ・ホモダイン検出 / / /  
(英) optical disc / multilayer recording / microhologram / phase multi-level recording / phase-diversity homodyne detection / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 12, MMS2011-16, pp. 13-18, 2011年3月.
資料番号 MMS2011-16 
発行日 2011-03-04 (MMS) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-MRIS MMS  
開催期間 2011-03-11 - 2011-03-11 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 光記録,一般 
テーマ(英) Optical recording, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MMS 
会議コード 2011-03-MR-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マイクロホログラムを用いた位相多値記録方式の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Phase Multi-level Recording in Microhologram 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ディスク / optical disc  
キーワード(2)(和/英) 多層記録 / multilayer recording  
キーワード(3)(和/英) マイクロホログラム / microhologram  
キーワード(4)(和/英) 位相多値記録再生 / phase multi-level recording  
キーワード(5)(和/英) 位相ダイバーシティ・ホモダイン検出 / phase-diversity homodyne detection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井手 達朗 / Tatsuro Ide / イデ タツロウ
第1著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三上 秀治 / Hideharu Mikami / ミカミ ヒデハル
第2著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大澤 賢太郎 / Kentaro Osawa / オオサワ ケンタロウ
第3著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 康一 / Koichi Watanabe / ワタナベ コウイチ
第4著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi, Ltd. (略称: Hitachi)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-11 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MMS 
資料番号 ITE-MMS2011-16 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 ITE-6 
発行日 ITE-MMS-2011-03-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会