お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-14 14:10
表示装置上に映し出された円錐体映像の擬似立体知覚に関する主観評価実験
村岡哲也一工大)・池田弘明元静大
抄録 (和) 二次元表示装置に映し出された立体映像の擬似立体知覚を,20名の主観評価実験から定量的に調べた.緑色円錐を被写体として鋭角の影響を避け,観察用カメラを対象立体に正対させた.照明光の水平方向における入射角の95%信頼区間(CL1)が39°≦CL1≦55°(平均値:46°),垂直方向における入射角の95%信頼区間(CL2)が40°≦CL2≦54°(平均値:48°)で撮影されたときの擬似立体知覚が最も顕著であることが判った. 
(英) An experimental study on the perception of quasi-stereoscopic view for the images of a green circular cone on a video display screen was carried out by subjective evaluation for 20 subjects when a digital camera was set at a position on the normal line to the plane of background wall. Since no specific shadow was recognized by no sharp edge on the cone images, the highest quasi-stereoscopic view was satisfactorily perceived at a confidence limit of 95% for the green circular cone images displayed on the video display screen when the light of illumination was incident onto the cone at a rotation angle in the range of 39°to 55°(a mean value of 46°) and at a tilt angle in the range of 40°to 54°(a mean value of: 48°).
キーワード (和) 円錐体映像 / 擬似立体知覚 / 主観評価 / / / / /  
(英) Circular Cone Images / Perception of Quasi-Stereoscopic View / Subjective evaluation / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 15, 3DIT2011-8, pp. 31-34, 2011年3月.
資料番号 3DIT2011-8 
発行日 2011-03-07 (3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT  
開催期間 2011-03-14 - 2011-03-15 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo Univ. of Tech. 
テーマ(和) 立体映像における人間工学的研究-立体映像の知覚認知・生体作用とその評価,及び立体映像技術一般(HI研究会共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2011-03-3DIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 表示装置上に映し出された円錐体映像の擬似立体知覚に関する主観評価実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Study on Quasi-Stereoscopic View by Subjective Evaluation in Perception of Circular Cone Images Displayed on Video Display Screens 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 円錐体映像 / Circular Cone Images  
キーワード(2)(和/英) 擬似立体知覚 / Perception of Quasi-Stereoscopic View  
キーワード(3)(和/英) 主観評価 / Subjective evaluation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村岡 哲也 / Tetsuya Muraoka / ムラオカ テツヤ
第1著者 所属(和/英) 第一工業大学 (略称: 一工大)
Daiichi Institute of Technology (略称: DIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 弘明 / Hiroaki Ikeda / イケダ ヒロアキ
第2著者 所属(和/英) 元静岡大学 (略称: 元静大)
former Shizuoka University (略称: former Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-14 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-3DIT2011-8 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.15 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-3DIT-2011-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会