映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-16 17:10
ドーム型シアターに向けた映像表示の検討
金澤 勝NHK)・西垣順二竹内和浩コニカミノルタ)・原田良三今村崇之NHK-ES
抄録 (和) ドーム型シアターでの超臨場感映像表示を目指し,スクリーン形状の検討と,画面サイズ・輝度・コントラストの評価実験を行った.スクリーン形状に関しては,観視位置が異なるときの映像表示のひずみを定義し,スクリーンが平面よりドームのように湾曲しているほうがひずみは少ないことを示した.次に,平面ではあるが超高精細大画面スクリーン上に,画面サイズ,輝度,コントラストを変化させた画像を表示して主観評価を行い,輝度やコントラストが低下すると大画面の効果が低下することを示した. 
(英) Subjective evaluations were conducted on screen size, brightness and contrast, aiming to display images with very high presence in dome theaters. It was found that large screen size effect decreases with dark and poor-contrast images. Display distortion was also investigated related to screen shape and it was found that distortion would be less with dome theaters than with flat screens.
キーワード (和) 超臨場感 / ドーム型シアター / 映像ひずみ / 輝度 / コントラスト / 画面サイズ / /  
(英) Presence / Dome theater / Display distortion / brightness / contrast ratio / screen size / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 16, HI2011-61, pp. 129-132, 2011年3月.
資料番号 HI2011-61 
発行日 2011-03-08 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 HI  
開催期間 2011-03-15 - 2011-03-16 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo Univ. of Tech. 
テーマ(和) 視聴覚技術,ヒューマンインタフェース(立体映像技術研究会共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2011-03-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ドーム型シアターに向けた映像表示の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Image Presentation for Dome Theater 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超臨場感 / Presence  
キーワード(2)(和/英) ドーム型シアター / Dome theater  
キーワード(3)(和/英) 映像ひずみ / Display distortion  
キーワード(4)(和/英) 輝度 / brightness  
キーワード(5)(和/英) コントラスト / contrast ratio  
キーワード(6)(和/英) 画面サイズ / screen size  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金澤 勝 / Masaru Kanazawa / カナザワ マサル
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西垣 順二 / Junji Nishigaki / ニシガキ ジュンジ
第2著者 所属(和/英) コニカミノルタプラネタリウム株式会社 (略称: コニカミノルタ)
Konica Minolta Planetarium Co.,Ltd. (略称: Konica)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 和浩 / Kazuhiro Takeuchi / タケウチ カズヒロ
第3著者 所属(和/英) コニカミノルタプラネタリウム株式会社 (略称: コニカミノルタ)
Konica Minolta Planetarium Co.,Ltd. (略称: Konica)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 良三 / Ryouzou Harada / ハラダ リョウゾウ
第4著者 所属(和/英) NHKエンジニアリングサービス (略称: NHK-ES)
NHK Engineering Services, Inc. (略称: NHK-ES)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 崇之 / Takayuki Imamura / イマムラ タカユキ
第5著者 所属(和/英) NHKエンジニアリングサービス (略称: NHK-ES)
NHK Engineering Services, Inc. (略称: NHK-ES)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-16 17:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2011-61 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.16 
ページ範囲 pp.129-132 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2011-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会