お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-16 11:40
運動視差による立体視の促進効果の頭部運動方向依存性
玉田靖明佐藤雅之北九州市大
抄録 (和) 両眼網膜像差と運動視差を同時に呈示すると,二重像が生じるような大きな網膜像差領域においても非常に大きな奥行きが知覚される.本研究では,この運動視差による立体視の促進効果の頭部運動方向依存性について検討した.固視点の2.5°上もしくは下に点を1つ呈示し,網膜像差,運動視差,あるいはその両方を与え,知覚された奥行きをマッチングにより定量化した.頭部を左右に動かした場合と前後に動かした場合に知覚される奥行きを比較した.実験1では両方向ともに頭部運動の範囲は13 cmで,実験2では刺激の運動範囲が等しくなるように,左右方向では1.8 cm,前後方向では50 cmの範囲で頭部を動かした.その結果,いずれの実験においても左右方向の運動の場合には促進効果があったが,前後方向の場合にはなかった.これは,立体視の促進効果が刺激の左右方向の運動に固有であることを示唆している. 
(英) When binocular disparity and motion parallax are presented simultaneously, very large depth is perceived for diplopic images with very large disparity. This study examined the dependency of this depth facilitation on the direction of observer’s head movement. The test stimulus was a dot presented 2.5 deg above or below the fixation point with binocular disparity and/or motion parallax. The observer responded the apparent depth of test stimulus relative to the fixation point with a matching method while moving his/her head laterally or sagitally. In exp 1, the range of observer’s head position was 13 cm. In exp 2, the ranges of head position were 1.8 cm and 50 cm for lateral and sagital movements respectively, so that the ranges of stimulus motion were the same. The results showed that the facilitation occurred for lateral head movement but not for sagital movement in both experiments, suggesting that the facilitation is specific to lateral stimulus motion.
キーワード (和) 両眼網膜像差 / 運動視差 / 手がかり統合 / 奥行き知覚 / / / /  
(英) Binocular Disparity / Motion Parallax / Cue Integration / Depth Perception / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 16, HI2011-50, pp. 83-86, 2011年3月.
資料番号 HI2011-50 
発行日 2011-03-08 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI  
開催期間 2011-03-15 - 2011-03-16 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo Univ. of Tech. 
テーマ(和) 視聴覚技術,ヒューマンインタフェース(立体映像技術研究会共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2011-03-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 運動視差による立体視の促進効果の頭部運動方向依存性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Facilitation of Stereopsis by Motion Parallax Depends on Head Movement Direction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 両眼網膜像差 / Binocular Disparity  
キーワード(2)(和/英) 運動視差 / Motion Parallax  
キーワード(3)(和/英) 手がかり統合 / Cue Integration  
キーワード(4)(和/英) 奥行き知覚 / Depth Perception  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉田 靖明 / Yasuaki Tamada / タマダ ヤスアキ
第1著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 雅之 / Masayuki Sato / サトウ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
University of Kitakyushu (略称: Univ. of Kitakyushu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-16 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2011-50 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.16 
ページ範囲 pp.83-86 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2011-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会