映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-05-27 14:00
[ポスター講演]1×3画素マッチングによる高速動きベクトル検出イメージセンサの設計
宮本佳昭川島慶弘浜本隆之理科大)・児玉和也NII
抄録 (和) 本稿では,イメージセンサ上で高速に動きベクトル検出を行う方式と,その方式を実装したイメージセンサの設計について報告する.本方式では,高速撮像下において1×3画素のブロックサイズで多段階の検出処理間隔にてマッチングを行う.この際,エッジが検出された画素のみを対象とし,そのエッジの方向に基づいてブロックの方向と探索範囲を限定し,検出精度の向上を図る.さらに,整数精度のマッチングにより検出された動き情報とブロック内の画素値の変化から,±0.5画素の動き量を検出する.これらにより,高精度な動きベクトル検出を実現する. 
(英) In this paper, we propose a method of motion vector detection at a high frame rate on an image sensor and describe the design of the image sensor on which the method is implemented. In the proposed method, motion vector can be detected by 1×3 pixels matching with controlling the processing interval at a high frame rate. Additionally, the detection accuracy is much improved by restricting direction of the block and the search range using the direction of the edge pixels. The decimal-accuracy motion can be also detected by using movement information detected by the integer-accuracy matching. Thus, highly accurate motion vector detection is achieved.
キーワード (和) イメージセンサ / 高フレームレート / 動きベクトル / エッジ検出 / / / /  
(英) Image Sensor / High Frame Rate / Motion Vector / Edge Detection / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 19, IST2011-31, pp. 57-60, 2011年5月.
資料番号 IST2011-31 
発行日 2011-05-20 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2011-05-27 - 2011-05-27 
開催地(和) 東京理科大学 森戸記念館 
開催地(英)  
テーマ(和) 高機能イメージセンシングとその応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2011-05-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 1×3画素マッチングによる高速動きベクトル検出イメージセンサの設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of high-speed motion-vector-detection image sensor by using one x three pixels matching 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) イメージセンサ / Image Sensor  
キーワード(2)(和/英) 高フレームレート / High Frame Rate  
キーワード(3)(和/英) 動きベクトル / Motion Vector  
キーワード(4)(和/英) エッジ検出 / Edge Detection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 佳昭 / Yoshiaki Miyamoto / ミヤモト ヨシアキ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川島 慶弘 / Yoshihiro Kawashima / カワシマ ヨシヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜本 隆之 / Takayuki Hamamoto / ハマモト タカユキ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 児玉 和也 / Kazuya Kodama /
第4著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-05-27 14:00:00 
発表時間 60 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2011-31 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.19 
ページ範囲 pp.57-60 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2011-05-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会