お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-05-27 13:10
3次元メッシュ統合法における重み付けの有効性について
中田直之仲野 豊吉田俊之福井大
抄録 (和) 著者らは,対象物体の多視点・多焦点画像群に対して,視点ごとにShape From Focus/Defocus (SFF/SFD) 法を用いてdepth推定を行って3次元メッシュを復元し,それらを統合することで対象全周にわたる形状を復元する手法を検討してきた.また,SFF/SFD法では,合焦評価値を用いてdepth推定の精度を評価できるため,これを重みとしてメッシュ統合を行う手法を提案している.しかながら,ボクセル分割に伴うメモリ制約のため,重みを導入することに効果は十分に検証されていなかった.そこで小文では,3次元メッシュ統合における重み付けの有効性の検証を目的とし,計算機上で生成したモデル形状に対してSFF/SFD法をシミュレートする適当な雑音を乗せて重み付き形状統合を行い,その誤差を評価した.その結果,重み付けの有効性が視覚的,数値的に確認された. 
(英) The authors have proposed a whole shape reconstruction technique, which integrates a set of 3-D models generated from each viewpoint by a Shape From Focus/Defocus (SFF/SFD) method. Since the SFF/SFD technique can estimate a measure of depth-estimation precision as a byproduct, the authors have also proposed a 3-D mesh integration technique using the measure as a weighting factor. However, the advantage of introducing the weighting factor has not been confirmed sufficiently because of a limitation of memory space. This paper thus aims at evaluating the impact of the weighting factor in the mesh integration, where errors between a computer-generated model and its reconstructed version are evaluated. The results show that the introduction of the weighting factor can reduce integration errors not only visually but numerically.
キーワード (和) Shape From Focus/Defocus(SFF / SFD)法 / 3次元メッシュ / メッシュ統合 / 重み付け / / / /  
(英) Shape From Focus/Defocus(SFF/SFD) method / 3-D mesh / mesh integration / weighting / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 20, ME2011-57, pp. 19-22, 2011年5月.
資料番号 ME2011-57 
発行日 2011-05-20 (ME, AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME AIT  
開催期間 2011-05-27 - 2011-05-27 
開催地(和) 龍谷大学 響都ホール 
開催地(英) Ryukoku University Avanti Kyoto Hall 
テーマ(和) 感性情報処理とマルチメディア技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2011-05-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3次元メッシュ統合法における重み付けの有効性について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Advantage of a weighting factor in 3-D mesh integration 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Shape From Focus/Defocus(SFF / SFD)法 / Shape From Focus/Defocus(SFF/SFD) method  
キーワード(2)(和/英) 3次元メッシュ / 3-D mesh  
キーワード(3)(和/英) メッシュ統合 / mesh integration  
キーワード(4)(和/英) 重み付け / weighting  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中田 直之 / Naoyuki Nakada / ナカダ ナオユキ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲野 豊 / Yutaka Nakano / ナカノ ユタカ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 俊之 / Toshiyuki yoshida / ヨシダ トシユキ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-05-27 13:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2011-57,ITE-AIT2011-49 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.20 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2011-05-20,ITE-AIT-2011-05-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会