映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


メディア工学研究会(ME) [schedule] [select]
委員長 吉田 俊之 (福井大)
副委員長 村上 和人 (愛知県立大)
担当幹事 広明 敏彦 (NEC), 青木 義満 (慶応大), 多田 昌裕 (ATR)

映像表現&コンピュータグラフィックス研究会(AIT) [schedule] [select]
委員長 新谷 幹夫 (東邦大)
担当幹事 ロベルト ロペス (NICT)

日時 2011年 5月27日(金) 10:00 - 16:40
議題 感性情報処理とマルチメディア技術および一般 
会場名 龍谷大学 アバンティ響都ホール 
住所 〒601-8003 京都市南区東九条西山王町31 アバンティ9階
交通案内 JR・地下鉄・近鉄京都駅から 南へ徒歩2分
http://www.ryukoku.ac.jp/about/campus_traffic/traffic/t_hall.html
会場世話人
連絡先
龍谷大学理工学部 外村佳伸

5月27日(金) 午前 
10:00 - 12:05
(1) 10:00-10:25 装着型センサを用いた自転車の安全運転実態マップ自動生成の試み 多田昌裕野間春生ATR)・蓮花一己帝塚山大/ATR
(2) 10:25-10:50 ドライバーの行動計測に基づく運転技能評価手法の有効性検証 ~ 教習所指導員の主観評価との相関を用いた解析 ~ 吉田陽祐奈良先端大)・多田昌裕野間春生ATR)・野田 賢奈良先端大
(3) 10:50-11:15 ラフ集合を用いた人の好みのモデル化 荻野晃大京都産大
(4) 11:15-11:40 購買行動パターンの類型化による興味の推定 小林健人飯田祐亮仁居智也大根田知也中大)・荻野晃大京都産大)・加藤俊一中大
(5) 11:40-12:05 聴覚情報処理過程の感性モデル化と実空間への応用 村上昌志加藤俊一中大
  12:05-13:10 休憩 ( 65分 )
5月27日(金) 午後 
13:10 - 14:50
(6) 13:10-13:35 3次元メッシュ統合法における重み付けの有効性について 中田直之仲野 豊吉田俊之福井大
(7) 13:35-14:00 映像要約のための画像特徴抽出に関する一考察 白石大輝村上和人愛県大
(8) 14:00-14:25 少ない配色パターンからの感性のモデル化 三澤雄太安川和希加藤俊一中大
(9) 14:25-14:50 ベースカラーとアクセントカラーによる感性モデルの構築 印部 勉安川和希加藤俊一中大
  14:50-15:00 休憩 ( 10分 )
5月27日(金) 午後 
15:00 - 16:40
(10) 15:00-15:25 インタラクティブ・パノラマ映像の多画面視聴に関する一検討 武田利明木全英明松浦宣彦NTT
(11) 15:25-15:50 Eyeke:映像からのインタラクティブな音表現システムの提案 ~ カメラで聞く映像 ~ 奥中健史外村佳伸龍谷大
(12) 15:50-16:15 Rock Musicから受ける楽曲のイメージの主観評価に有効な楽曲特徴量の検討 大寺貴宏村上昌志加藤俊一中大
(13) 16:15-16:40 環境音の心理的負荷を低減させる楽曲とその特徴量の分析 石橋 隼村上昌志加藤俊一中大

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ME メディア工学研究会(ME)   [今後の予定はこちら]
問合先 多田 昌裕(ATR)
TEL 0774-95-2592 E-: matr 
AIT 映像表現&コンピュータグラフィックス研究会(AIT)   [今後の予定はこちら]
問合先 ロベルト ロペス(NICT)
TEL 0774-95-1455 E-: gulliver 


Last modified: 2011-04-08 19:02:38


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[ME研究会のスケジュールに戻る]   /   [AIT研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会