お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-06-16 13:25
1.5Gbps級変復調器の開発
居相直彦伊藤泰宏NHK-ES)・池田哲臣NHK
抄録 (和) 放送番組素材の無線伝送において,非圧縮ハイビジョン信号やスーパーハイビジョン信号を伝送できるシステムの開発を目的として,広帯域変復調器の研究をおこなっている.今回,信号処理デバイスにFPGAを用いたQPSK変調器と復調器を試作した.本変復調器は1.4835GbpsのHD-SDI信号をシンボルレート742MHzで変復調するものである.本報告では,試作した変復調器における信号処理回路の特徴など,広帯域変復調器を実現するための技術について報告する. 
(英) We are studying wideband modulation/demodulation technologies to realize system that can transmit non-compression high-definition television signal and the ultra high-definition television signal in wireless transmission of the broadcasting program materials. We developed a QPSK modulator and demodulator that used FPGA for the signal processing device. The modulator makes QPSK modulated signal by its symbol rate of 742 MHz for 1.4835-Gbps HD-SDI signals. In this paper, we mention techniques for realizing high-speed wideband modulation and demodulation technologies, for instance, the features and the circuit configurations of the modulator and demodulator.
キーワード (和) Gbps / FPU / QPSK / FPGA / HD-SDI / 直交変調 / 直交復調 / キャリア再生  
(英) Gbps / FPU / QPSK / FPGA / HD-SDI / quadrature modulation / quadrature demodulation / carrier recovery circuit  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 21, BCT2011-44, pp. 5-8, 2011年6月.
資料番号 BCT2011-44 
発行日 2011-06-09 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT  
開催期間 2011-06-16 - 2011-06-16 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) デジタル放送・デジタル設備,および一般(IEEE BT Japan chapter 共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2011-06-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 1.5Gbps級変復調器の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of a 1.5-Gbps modulator and demodulator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Gbps / Gbps  
キーワード(2)(和/英) FPU / FPU  
キーワード(3)(和/英) QPSK / QPSK  
キーワード(4)(和/英) FPGA / FPGA  
キーワード(5)(和/英) HD-SDI / HD-SDI  
キーワード(6)(和/英) 直交変調 / quadrature modulation  
キーワード(7)(和/英) 直交復調 / quadrature demodulation  
キーワード(8)(和/英) キャリア再生 / carrier recovery circuit  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 居相 直彦 / Naohiko Iai / イアイ ナオヒコ
第1著者 所属(和/英) (財)NHKエンジニアリングサービス (略称: NHK-ES)
NHK Engineering Services, Inc. (略称: NHK-ES)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 泰宏 / Yasuhiro Ito / イトウ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) (財)NHKエンジニアリングサービス (略称: NHK-ES)
NHK Engineering Services, Inc. (略称: NHK-ES)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 哲臣 / Tetsuomi Ikeda /
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-06-16 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2011-44 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.21 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2011-06-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会