お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-10-21 10:25
テレビ的インテグラル式立体コンテンツの制作に関する一手法 ~ 信頼度伝搬法を用いた距離推定 ~
池谷健佑久富健介片山美和岩舘祐一NHK
抄録 (和) インテグラル式(以下,IP)立体テレビの実現を目指し,多視点映像から3次元モデルを生成し,テレビ番組で扱うようなシーンを被写体としたテレビ的なIP立体コンテンツを制作する.本研究では,3台のカメラ映像から,信頼度伝搬法を用いた距離推定により3次元モデルを生成し,テレビ的IP立体コンテンツを制作する手法を提案する.提案手法では,オクルージョンやテクスチャの不足による距離推定エラーを,信頼度伝搬法で扱うメッセージのエネルギー分布特性を活用して抑制する.実験では,実際にテレビで放送された相撲の力士の取組を被写体とし,提案手法を用いて3次元モデルの生成実験およびテレビ的IP立体コンテンツの制作を行い,提案手法の有効性を確認した. 
(英) In this paper, we propose a depth estimation method using belief propagation for the purpose of producing integral 3D contents. In this method, message distribution is used to reduce depth estimation errors caused by occlusion and textureless area. We focus on scenes of sumo wrestling in TV program and created 3D models from multi-view videos using our method. Then they were converted to integral 3D images. Our method is utilizable for glassless 3D TV based on integral photography.
キーワード (和) 立体 / インテグラル / 信頼度伝搬法 / 距離推定 / 3次元モデル / スポーツ / /  
(英) 3D / Integral / Belief propagation / Depth estimation / 3D model, sports / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, 2011年10月.
資料番号  
発行日 2011-10-14 (IST, IDY, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DMT IDY IST  
開催期間 2011-10-21 - 2011-10-21 
開催地(和) NHK技研 
開催地(英)  
テーマ(和) 立体映像技術一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DMT 
会議コード 2011-10-3DIT-IDY-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テレビ的インテグラル式立体コンテンツの制作に関する一手法 
サブタイトル(和) 信頼度伝搬法を用いた距離推定 
タイトル(英) A Method for 3D Contents Production Based on Integral Photography 
サブタイトル(英) Depth Estimation Using Belief Propagation 
キーワード(1)(和/英) 立体 / 3D  
キーワード(2)(和/英) インテグラル / Integral  
キーワード(3)(和/英) 信頼度伝搬法 / Belief propagation  
キーワード(4)(和/英) 距離推定 / Depth estimation  
キーワード(5)(和/英) 3次元モデル / 3D model, sports  
キーワード(6)(和/英) スポーツ /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池谷 健佑 / Kensuke Ikeya / イケヤ ケンスケ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久富 健介 / Kensuke Hisatomi / ヒサトミ ケンスケ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 美和 / Miwa Katayama / カタヤマ ミワ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩舘 祐一 / Yuichi Iwadate / イワダテ ユウイチ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会放送技術研究所 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-10-21 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 3DMT 
資料番号 ITE-IST2011-59,ITE-IDY2011-50,ITE-3DIT2011-80 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.42 
ページ範囲 pp.5-8 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2011-10-14,ITE-IDY-2011-10-14,ITE-3DIT-2011-10-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会