お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
お知らせ 7月4日(月) 21:00-22:00,サーバメンテナンスのためシステムが停止します.
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-18 10:45
放送事業用連絡無線(4FSK方式)の音声品質評価 ~ ARIB実証実験報告より ~
大西弘幸NHK)・加藤克行TBS)・冨永晶豊TBSラジオ)・渡川洋人JVCケンウッド
抄録 (和) VHF帯(160MHz帯)放送事業用連絡無線は、緊急報道や番組制作における連絡手段として利用されている。今回4FSK方式連絡無線機に採用されている、デジタル音声圧縮符号化方式について、実機を用いて評価試験を行った。評価方法は、受信電界を変化させて、既存のアナログ(FM)方式と比較を行い、その結果、低受信電界時の認識に差があることなど、実運用において有用な知見が得られた。また、話者の性別や背景雑音、遅延時間の影響などについても確認した。 
(英) A VHF band (160MHz band) communication radio for broadcasting operation is used as the communication means in the urgent report and the program production. An evaluation test was performed using a digital audio compression encoding scheme adopted as 4FSK system communication walkie-talkie. Evaluation method of quality assessment is as follows; changing a received electric field strength level and comparing the performance with an analog (FM) system. As a result, we could get useful knowledge in actual practical use. We also evaluated the distinction of sex of the speaker, background noise and influence of the delay time.
キーワード (和) 4FSK / AMBE+2方式 / 放送事業用連絡無線 / 音声品質評価 / / / /  
(英) 4FSK modulation / AMBE+2 / radio communication line for broadcasting operation / quality assessment / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 46, BCT2011-80, pp. 63-67, 2011年11月.
資料番号 BCT2011-80 
発行日 2011-11-11 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-OCS IEICE-OFT BCT IEE-CMN  
開催期間 2011-11-17 - 2011-11-18 
開催地(和) 島根大学 
開催地(英) Shimane Univ. 
テーマ(和) 光アクセスシステム・次世代PON、地上・衛星放送システム、衛星通信システム、CATVシステム、イーサネット、伝送監視制御、光ファイバケーブル・コード、通信用光ファイバ、光線路保守監視・試験技術、光ファイバ測定技術、地上・衛星放送関連デバイス・機器・設備、家庭用受信デバイス・機器、ホーリーファイバ、機能性光ファイバ、光ファイバ線路構成部品、光回路部品、周波数有効利用技術、変復調技術、電磁界解析およびシミュレーション技術、無線・光伝送境界領域、光ケーブル布設技術、光ファイバ線路設計技術、光ファイバ線路構成部品信頼性、空間・可視光伝送、一般 
テーマ(英) Optical access system/next gen. PON/optical monitoring/optical fiber/wireless system/etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2011-11-OCS-OFT-BCT-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 放送事業用連絡無線(4FSK方式)の音声品質評価 
サブタイトル(和) ARIB実証実験報告より 
タイトル(英) Quality assessment of 4FSK modulation push-to-talk radio communication line for broadcasting operation 
サブタイトル(英) from ARIB test report 
キーワード(1)(和/英) 4FSK / 4FSK modulation  
キーワード(2)(和/英) AMBE+2方式 / AMBE+2  
キーワード(3)(和/英) 放送事業用連絡無線 / radio communication line for broadcasting operation  
キーワード(4)(和/英) 音声品質評価 / quality assessment  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 弘幸 / Hiroyuki Onishi / オオニシ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 克行 / Katsuyuki Katoh / カトウ カツユキ
第2著者 所属(和/英) 株式会社TBSテレビ (略称: TBS)
TOKYO BRADCASTING SYSTEM TELEVISION,INC. (略称: TBS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨永 晶豊 / Akitoyo Tominaga / トミナガ アキトヨ
第3著者 所属(和/英) 株式会社TBSラジオ&コミュニケーションズ (略称: TBSラジオ)
TBS RADIO&COMMUNICATIONS,INC. (略称: TBSradio)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡川 洋人 / Hiroto Watarikawa /
第4著者 所属(和/英) 株式会社JVCケンウッド (略称: JVCケンウッド)
JVC Kenwood Corporation (略称: JVC Kenwood)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-18 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2011-80 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.46 
ページ範囲 pp.63-67 
ページ数 ITE-5 
発行日 ITE-BCT-2011-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会