映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-27 13:00
マイクロストリップラインで構成した、誘電基板上の不平衡給電逆Lアンテナ
浜田秀一田口光雄長崎大
抄録 (和) 本稿では,PCカード用アンテナとしてマイクロストリップライン(MSL)で構成し,誘電体基板と同一面内に配置した不平衡給電逆Lアンテナについて考察している. MSLを誘電体基板の端に近づける為,特性インピーダンスがどう変わるか確認して,MSLの線路幅を決定している.次に,MSLで逆Lアンテナを構成するモデルの数値解析を行っている.不平衡給電逆Lアンテナを構成するMSLの接地導体板は,線路幅より左右に1mm広くなっている.この接地導体板の長さとMSLの線路長の長さを調整することによりインピーダンス整合は容易である. 設計周波数は2.6GHzとしている.解析には,モーメント法に基づく電磁界シミュレータWIPL-Dを用いている. 
(英) In this paper, the unbalanced fed inverted L antenna composed of a microstrip line(MSL) on a finite dielectric substrate is proposed for the antenna of PC card. This antenna is numerically analyzed. The MSL is located close to the edge of dielectric substrate. Therefore, the line width is changed so that its characteristic impedance because 50Ω. The input impedance of the antenna adjustied by changing the length of line and theridth of ground conductor plate. In the numerical analysis, the electromagnetic simulator WIP L-D based on the Method of Moment is used.
キーワード (和) 逆Lアンテナ / マイクロストリップライン / WIPL-D / モーメント法 / / / /  
(英) inverted L antenna / microstrip line / WIPL-D / method of moment / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 3, BCT2012-17, pp. 69-72, 2012年1月.
資料番号 BCT2012-17 
発行日 2012-01-19 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT IEEE-AP-S-FUKUOKA  
開催期間 2012-01-26 - 2012-01-27 
開催地(和) 福岡工業大学 
開催地(英) Fukuoka Institute of Technology 
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2012-01-BCT-BT-AP-S-FUKUOKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マイクロストリップラインで構成した、誘電基板上の不平衡給電逆Lアンテナ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Unbalanced Fed Inverted L Antenna composed of a Microstrip Line on a Finite Dielectric Substrate 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 逆Lアンテナ / inverted L antenna  
キーワード(2)(和/英) マイクロストリップライン / microstrip line  
キーワード(3)(和/英) WIPL-D / WIPL-D  
キーワード(4)(和/英) モーメント法 / method of moment  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜田 秀一 / Shuichi Hamada / ハマダ シュウイチ
第1著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 光雄 / Mitsuo Taguchi /
第2著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-27 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2012-17 
巻番号(vol) ITE-36 
号番号(no) no.3 
ページ範囲 pp.69-72 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2012-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会