お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-02-18 14:00
MOS予測値を最大化するスケーラブル符号化法の高精度化について
山崎友也吉田俊之福井大
抄録 (和) 著者らは,帯域制限下での動画像伝送において極力高い画像品質を得るため,単位秒あたりのフレーム数と単位フレーム当たりの平均符号量を適応的に制御し,時空間の主観評価値(MOS)の予測値を最大化する動画像符号化法,および大容量バッファを用いて予測MOSを平坦化し,シーン間で画質の変動を抑える画質平坦化法を提案しており,さらにこれらをスケーラブル符号化に拡張し,H.264スケーラブル符号化器上に実装してその有効性を確認している.本稿では,この予測MOSに基づくスケーラブル符号化法において,レイヤ間での符号化効率の変動を考慮することでMOS予測の精度向上を図ると共に,各レイヤでのビット割り当て法に改良を加えた.さらに,実験により提案法の有効性を検証した. 
(英) To obtain highest possible video quality on a band-limited network, the authors have proposed a video coding technique that maximizes the estimated spatio-temporal Mean Opinion Score(MOS), and a video-quality equalization technique based on the estimated MOS. The authors have also applied the techniques to a scalable video coding(SVC) to show its effectiveness. This paper improves the bit allocation technique in each layer together with the MOS estimation technique by considering variation of the coding efficiency in SVC. The experimental results given in this paper indicates the effective ness of the proposed technique.
キーワード (和) 動画像符号化 / スケーラブル映像符号化 / 画質 / 主観評価値(MOS) / 高精度化 / / /  
(英) video coding / scalable video coding / video quality / mean opinion score(MOS) / precision improvement / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 8, ME2012-28, pp. 109-112, 2012年2月.
資料番号 ME2012-28 
発行日 2012-02-11 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2012-02-18 - 2012-02-18 
開催地(和) 関東学院大学 関内メディアセンター 
開催地(英) Kando Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2012-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MOS予測値を最大化するスケーラブル符号化法の高精度化について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement for scalable video coding based on maximization of estimated MOS 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動画像符号化 / video coding  
キーワード(2)(和/英) スケーラブル映像符号化 / scalable video coding  
キーワード(3)(和/英) 画質 / video quality  
キーワード(4)(和/英) 主観評価値(MOS) / mean opinion score(MOS)  
キーワード(5)(和/英) 高精度化 / precision improvement  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 友也 / Yuya Yamazaki / ヤマザキ ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 俊之 / Toshiyuki Yoshida / ヨシダ トシユキ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-02-18 14:00:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2012-28 
巻番号(vol) ITE-36 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.109-112 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2012-02-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会