映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-02-18 10:30
車載カメラ映像の共有による前景視界補助システム
鈴木光一朗橋本直己電通大
抄録 (和) 交通事故の原因のひとつとして,自動車運転者の視界に存在する死角による認知の遅れや欠落がある.交通事故を始めとした道路交通の諸問題を解決するための高度道路交通システムの取り組みは,研究段階であるものが多く,交通事故件数の減少も穏やかであるため,更なる安全性の向上のための研究開発が求められている.本研究では,普及している車載カメラ映像を車車間通信により共有して用いることで,大規模なインフラ整備を要さず,画像処理とヘッドアップディスプレイによって,直観的な映像提示を行い,運転者の視界に存在する前景の障害物による死角の影響を低減する視界支援システムを提案する. 
(英) A lack of recognition with blind spots of driver's view is one of causes of traffic accidents. However most of the efforts of ITS to solve the problems of road traffics are still in the research phase. Furthermore, the number of the accidents is not drastically decreased, and further efforts to improve safety of the road traffics are strongly required. Therefore, in this research, we propose a visual assistance system which can decrease the blind spots by using shared vehicle camera images with computer vision techniques.
キーワード (和) ITS / 車載カメラ / 車車間通信 / ヘッドアップディスプレイ / イメージベースドレンダリング / / /  
(英) ITS / Dash Camera / Inter-Vehicle Communication / Head-Up Display / Image Based Rendering / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 8, ME2012-8, pp. 29-32, 2012年2月.
資料番号 ME2012-8 
発行日 2012-02-11 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2012-02-18 - 2012-02-18 
開催地(和) 関東学院大学 関内メディアセンター 
開催地(英) Kando Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2012-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車載カメラ映像の共有による前景視界補助システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Visual assistance system using shared vehicle camera images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ITS / ITS  
キーワード(2)(和/英) 車載カメラ / Dash Camera  
キーワード(3)(和/英) 車車間通信 / Inter-Vehicle Communication  
キーワード(4)(和/英) ヘッドアップディスプレイ / Head-Up Display  
キーワード(5)(和/英) イメージベースドレンダリング / Image Based Rendering  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 光一朗 / Koichiro Suzuki / スズキ コウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 直己 / Naoki Hashimoto / ハシモト ナオキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-02-18 10:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2012-8 
巻番号(vol) ITE-36 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2012-02-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会