お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-05 10:25
電子ホログラフィーによる再生立体像に対する調節・輻輳応答の測定
水科晴樹根岸一平ATR)・安藤広志NICT)・正木信夫ATR
抄録 (和) 立体ディスプレイ視聴時の視覚疲労の原因のひとつに調節と輻輳の不一致が挙げられる.従来の二眼式や多眼式といった立体表示方式では,調節と輻輳の距離情報を完全に一致させることは困難であるが,電子ホログラフィーによる再生立体像では原理的にはそれが可能である.本研究では,立体像観視時の調節と輻輳の応答を同時測定することで,ホログラム表示,超多眼表示,二眼式立体表示に対する視機能の特性を明らかにし,ホログラム表示と超多眼表示に対しては,実視標表示により近い調節・輻輳応答が起こることを示した. 
(英) The conflict between accommodation and vergence is one of the possible cause of visual fatigue while viewing stereoscopic display. Traditional two-view and multi-view stereoscopic displays cannot match distance information of accommodation with that of vergence, however, in principle, reconstructed 3D images of electronic holography can. In this study we measured accommodation and vergence responses simultaneously while viewing stereoscopic images of holographic, super-multi view (SMV), and two-view displays. Accommodation and vergence responses to holographic and SMV stereoscopic images were similar to the responses to the real target.
キーワード (和) 電子ホログラフィー / 超多眼表示 / 調節 / 輻輳 / / / /  
(英) Electronic holography / Super Multi-view / Accommodations / Vergence / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 12, 3DIT2012-3, pp. 9-12, 2012年3月.
資料番号 3DIT2012-3 
発行日 2012-02-27 (HI, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT HI  
開催期間 2012-03-05 - 2012-03-06 
開催地(和) 東京農工大学小金井キャンパス 
開催地(英) Tokyo Univ. of Agri. and Tech. 
テーマ(和) 立体映像における人間工学的研究,及び立体映像技術一般(ヒューマンインフォメーション研究会共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2012-03-3DIT-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電子ホログラフィーによる再生立体像に対する調節・輻輳応答の測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement of accommodation and vergence responses to stereoscopic images of electronic holography 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子ホログラフィー / Electronic holography  
キーワード(2)(和/英) 超多眼表示 / Super Multi-view  
キーワード(3)(和/英) 調節 / Accommodations  
キーワード(4)(和/英) 輻輳 / Vergence  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水科 晴樹 / Haruki Mizushina / ミズシナ ハルキ
第1著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunidations Research Institute International (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 根岸 一平 / Ippei Negishi / ネギシ イッペイ
第2著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunidations Research Institute International (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 広志 / Hiroshi Ando / アンドウ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 正木 信夫 / Shinobu Masaki / マサキ シノブ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Advanced Telecommunidations Research Institute International (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-05 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-HI2012-34,ITE-3DIT2012-3 
巻番号(vol) ITE-36 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2012-02-27,ITE-3DIT-2012-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会