映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-05-28 14:00
[ポスター講演]デジタル酵素結合免疫吸着法に向けたオンチップ蛍光計測システム
岡林大恭笹川清隆野田俊彦徳田 崇奈良先端大)・Soo Hyeon Kim飯野亮太野地博行東大)・太田 淳奈良先端大
抄録 (和) デジタル酵素結合免疫吸着法(ELISA)に向けた,CMOSイメージセンサによるオンチップ蛍光計測システムについて検討する.デジタル酵素結合免疫吸着法は,抗原−抗体反応を利用して抗体に結合させた,蛍光物質を生成する酵素を検出し,抗原の種類・量を検出する手法である.イメージセンサ上でオンチップ蛍光計測を行い,蛍光顕微鏡光学系を排除することで計測系の小型化が可能である.また従来の蛍光顕微鏡では実現が困難な,106以上の多点一括計測へ展開できるものと期待される.本研究ではオンチップ蛍光計測に向け,マイクロチャンバアレイ搭載CMOSイメージセンサを試作し,オンチップ蛍光ビーズカウンティングに成功した. 
(英) In this paper, we investigate on-chip fluorescence counting system by using a CMOS image sensor for single-molecule digital enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA). ELISA is a technique to identify the type and amount of antigen by detecting the enzyme which generates a fluorescent substance through enzyme reaction. An on-chip fluorescence measurement technique allows miniaturizing the system by removing the fluorescence microscope optics. In the present study, we fabricated a CMOS image sensor with a micro-chamber array and demonstrated on-chip fluorescence beads counting.
キーワード (和) CMOSイメージセンサ / ELISA / 蛍光ビーズ計測 / / / / /  
(英) CMOS image sensor / ELISA / fluorescence beads counting / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 20, IST2012-23, pp. 25-28, 2012年5月.
資料番号 IST2012-23 
発行日 2012-05-21 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2012-05-28 - 2012-05-28 
開催地(和) 埼玉大学東京ステーションカレッジ 
開催地(英)  
テーマ(和) 高機能イメージセンシングとその応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2012-05-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デジタル酵素結合免疫吸着法に向けたオンチップ蛍光計測システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On-chip fluorescence counting system by using a CMOS image sensor for single-molecule digital enzyme-linked immunosorbent assay 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CMOSイメージセンサ / CMOS image sensor  
キーワード(2)(和/英) ELISA / ELISA  
キーワード(3)(和/英) 蛍光ビーズ計測 / fluorescence beads counting  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡林 大恭 / Daisuke Okabayashi / オカバヤシ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹川 清隆 / Kiyotaka Sasagawa / ササガワ キヨタカ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 俊彦 / Toshihiko Noda / ノダ トシヒコ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳田 崇 / Takashi Tokuda / トクダ タカシ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Soo Hyeon Kim / Soo Hyeon Kim / Soo Hyeon Kim
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯野 亮太 / Ryota Iino / イイノ リョウタ
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 野地 博行 / Hiroyuki Noji / ノジ ヒロユキ
第7著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 淳 / Jun Ohta / オオタ ジュン
第8著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-05-28 14:00:00 
発表時間 60 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2012-23 
巻番号(vol) ITE-36 
号番号(no) no.20 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2012-05-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会