お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-09-07 14:30
多眼表示に基づく計算機合成ホログラフィックステレオグラムの表示性能の検討
池田恭平高木康博東京農工大
抄録 (和) われわれは以前の研究で,多眼表示に基づく計算機合成ホログラフィックステレオグラムの新しい合成方法を提案している.提案法では回折計算を必要とせず,多視点画像に球面波をかけ合わせることでホログラフィックステレオグラムを計算できる.本研究では,提案方法に対してサンプリング定理を基に表示可能な視点数と視差画像の解像度などの表示性能について検討した.また検討した内容を基に,表示性能を実験により確かめた.実験には1,920×1,200のSLMを用いた.SLMから600 mm離れた位置に視点間隔4.7 mmで並んだ10×5の視点を生成した.視差画像の解像度は192×120とした. 
(英) We previously proposed a new calculation method for computer-generated holographic stereogram based on multi-view displays. The proposed calculation method does not require diffraction calculations. Holographic stereograms can be calculated by adding phase distributions of spherical waves to parallax images. In this study, we discuss the relationship between the number of viewing points and the resolution of parallax images based on the sampling theorem. We experimentally verified the derived relationship. An SLM with a resolution of 1,920 × 1,200 was used. We generated 10 × 5 viewpoints with an interval of 4.7 mm at the distance of 600 mm from the SLM. The resolution of parallax images was 192 × 120.
キーワード (和) ホログラフィー / 計算機ホログラフィー / ホログラフィックステレオグラム / / / / /  
(英) holography / computer-generated hologram / holographic stereogram / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 36(AIT), 36(3DIT), AIT2012-112, 3DIT2012-45, pp. 13-16, 2012年9月.
資料番号  
発行日 2012-08-31 (AIT, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT 3DIT OSJ-HODIC  
開催期間 2012-09-07 - 2012-09-07 
開催地(和) 日大理工船橋キャンパス 
開催地(英) Funabashi Campus, Nihon Univ. 
テーマ(和) 3次元映像及びホログラフィ 
テーマ(英) 3D Imaging and Holography 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OSJ-HODIC 
会議コード 2012-09-AIT-3DIT-HODIC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多眼表示に基づく計算機合成ホログラフィックステレオグラムの表示性能の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of image reconstruction by multi-view based computer generated holographic stereogram 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホログラフィー / holography  
キーワード(2)(和/英) 計算機ホログラフィー / computer-generated hologram  
キーワード(3)(和/英) ホログラフィックステレオグラム / holographic stereogram  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 恭平 / Kyohei Ikeda / イケダ キョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TMCT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 康博 / Yasuhiro Takaki / タカキ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TMCT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-09-07 14:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 OSJ-HODIC 
資料番号 ITE-AIT2012-112,ITE-3DIT2012-45 
巻番号(vol) ITE-36 
号番号(no) no.36 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2012-08-31,ITE-3DIT-2012-08-31 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会