お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-09-07 15:50
計算機合成ホログラムへの光線追跡の導入
中村将基山口 健吉川 浩日大
抄録 (和) 計算機合成ホログラム(CGH)では,仮想物体を完全な3次元画像として実空間に再生することができる.我々は以前,3DCGとして描画した仮想物体の画像を元に点光源群を生成し,CGHを作製した.しかし,基本的なシェーディングのみで仮想物体を描画する為,光の表現力が乏しい点光源群しか生成できず,現実味のある再生像を得られない欠点があった.本報告では,仮想物体を点光源群に変換する過程に光線追跡およびラジオシティ法を導入することで鏡面反射,ソフトシャドウおよび副次拡散反射を実現し,写実性の高いCGHの為の点光源群を作製する. 
(英) The computer-generated holograms(CGH) can reproduce virtual objects as complete 3D image in real space. In our previous research, we created CGH by point sources that based on rendered virtual objects as 3DCG image. However, the point sources were not able to express delicate lights because the method based on basic shading algorithm. Therefore, we were not able to fruition a realistic reproduced image. In this report, we introduction ray tracing and radiosity in a generating process of point sources. From this, we realize to generate point sources for photo realistic CGH that includes mirror surface reflection, a soft shadow and recursive diffuse reflection.
キーワード (和) 計算機合成ホログラム / 光線追跡 / 大域照明 / ラジオシティ / / / /  
(英) Computer-Generated Hologram / Ray tracing / Global illumination / Radiosity / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, pp. 21-24, 2012年9月.
資料番号  
発行日 2012-08-31 (AIT, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT 3DMT OSJ-HODIC  
開催期間 2012-09-07 - 2012-09-07 
開催地(和) 日大理工船橋キャンパス 
開催地(英) Funabashi Campus, Nihon Univ. 
テーマ(和) 3次元映像及びホログラフィ 
テーマ(英) 3D Imaging and Holography 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OSJ-HODIC 
会議コード 2012-09-AIT-3DIT-HODIC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 計算機合成ホログラムへの光線追跡の導入 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Introduction of the ray tracing to computer-generated holograms 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 計算機合成ホログラム / Computer-Generated Hologram  
キーワード(2)(和/英) 光線追跡 / Ray tracing  
キーワード(3)(和/英) 大域照明 / Global illumination  
キーワード(4)(和/英) ラジオシティ / Radiosity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 将基 / Masaki Nakamura / ナカムラ マサキ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 健 / Takeshi Yamaguchi / ヤマグチ タケシ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 浩 / Hiroshi Yoshikawa / ヨシカワ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-09-07 15:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 OSJ-HODIC 
資料番号 AIT2012-114, 3DIT2012-47 
巻番号(vol) 36 
号番号(no) no.36 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数
発行日 2012-08-31 (AIT, 3DIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会