お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-11-15 14:30
再構成型超解像技術の限界
合志清一工学院大)・越前 功NII
抄録 (和) 超解像技術には様々な提案が行われてきたが、その多くは静止画に関する提案であった。一般に、超解像
処理はイテレーションが必要であり、画像によって収束するまでのイテレーション回数が異なる。近年、映像への超
解像技術も研究が行われ、テレビへの実装も報告されている。映像ではリアルタイム処理が必須であり、映像内容に
よってイテレーション回数が映像内容で異なる超解像処理の実装は困難である。現時点で映像用リアルタイム動作が
可能な超解像処理として目処が立っている手法は再構成型超解像処理等に限定される。再構成型超解像処理は静止画
用超解像処理として提案され、映像処理用として拡張されてきたが、再構成超解像処理を映像に適応するためには課
題が存在する。映像の各フレームは撮像時において蓄積ボケを生じ、再構成超解像処理の前提を満足しないことが多
い。本稿では再構成超解像の映像処理に関する考察を行う。 
(英) There have been many super resolution (SR) proposals. However, most of them are proposals for still
images and iterations are required. The number of iterations is different depending on images. Recently SR for
video was developed and some commercial TV sets are equipped with this function. It is difficult for SR technologies
with iterations to be embedded into the TV if the number of iterations changes depending on content since video
signal processing algorithms must finish them in real time. Super resolution image reconstruction (SRR) is the only
SR for the real time signal processing today. SRR was developed for still images at first and was extended to video.
However SR for video has also other issues except for real time processing. In this paper these issues are discussed.
キーワード (和) 再構成型超解像 / エンハンサー / アンシャープマスク / 映像 / 画像 / / /  
(英) Super Resolution Image Reconstruction / Enhancer / Unsharp mask / Video / Image / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 48, ME2012-125, pp. 1-6, 2012年11月.
資料番号 ME2012-125 
発行日 2012-11-08 (ME, AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME AIT IEICE-IE  
開催期間 2012-11-15 - 2012-11-16 
開催地(和) 鹿児島大学 郡元キャンパス 
開催地(英) Kagoshima Univ. 
テーマ(和) 高精細度画像処理・表示,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2012-11-ME-AIT-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 再構成型超解像技術の限界 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Limit of Super Resolution image Reconstruction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 再構成型超解像 / Super Resolution Image Reconstruction  
キーワード(2)(和/英) エンハンサー / Enhancer  
キーワード(3)(和/英) アンシャープマスク / Unsharp mask  
キーワード(4)(和/英) 映像 / Video  
キーワード(5)(和/英) 画像 / Image  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 合志 清一 / Seiichi Gohshi / ゴウシ セイイチ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 越前 功 / Isao Echizen /
第2著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-11-15 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2012-125,ITE-AIT2012-123 
巻番号(vol) ITE-36 
号番号(no) no.48 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 ITE-6 
発行日 ITE-ME-2012-11-08,ITE-AIT-2012-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会