お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-06 09:40
TDD-双方向FPUにおけるType-II HARQ方式の適用に関する検討
鵜澤史貴光山和彦池田哲臣NHK)・平栗健史日本工大
抄録 (和) ファイルベース化された映像をデコードすることなく,効率よく伝送できるマイクロ波帯FPU(Field Pick-up Unit)の開発を目標としている.
ファイル伝送の効率を高めるには双方向通信による再送制御が必要である.
筆者らは,周波数帯域の追加を伴わない時分割複信(TDD:Time Division Duplex)方式に適した自動再送要求(ARQ:Automatic Repeat reQuest)を検討している.
本報告ではARQと前方誤り訂正(FEC:Forward Error Correction)を組み合わせたハイブリッドARQ(HARQ)として,同じパケットを再送するType-I HARQとパリティ部分を再送するType-II HARQをFPUに適用した構成を比較した.
ガウスノイズ環境下におけるシミュレーションの結果,Type-IよりもType-IIで高スループットかつ低遅延となり,TDDを用いたFPUにおける有効性を確認した. 
(英) An advanced video transmission system we are considering is a Field Pick-up Unit (FPU) that can transmit file-based videos efficiently, without decoding method.
To increase the efficiency of file transmission is required retransmission control using bidirectional transmission.
The authors are considering Automatic Repeat reQuest (ARQ) schemes appropriate for Time Division Duplex (TDD) that does not require additional frequency bands.
This report is concerned with Hybrid ARQ (HARQ) combined by ARQ with Forward Error Correction (FEC), and shows a comparison of type-I HARQ scheme (retransmitting same packets) and type-II HARQ scheme (retransmitting parity packets) in FPU.
From the simulation results in Gaussian noise condition, we acquire higher throughput and lower delay by type-II than type-I, therefore found an availability of type-II HARQ for bidirectional FPU using TDD.
キーワード (和) FPU(Field Pick-up Unit) / TDD(Time Division Duplex) / Type-I/Type-II HARQ / / / / /  
(英) FPU (Field Pick-up Unit) / TDD (Time Division Duplex) / type-I/type-II HARQ / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 53, BCT2012-103, pp. 7-10, 2012年12月.
資料番号 BCT2012-103 
発行日 2012-11-29 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IPSJ-AVM IEICE-CS IEICE-IE  
開催期間 2012-12-06 - 2012-12-07 
開催地(和) 福井市地域交流プラザ 
開催地(英) Fukuisi-chiiki-kouryu-plaza 
テーマ(和) 画像符号化,通信・ストリーム技術,一般 
テーマ(英) Image Conding, Streaming, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2012-12-BCT-AVM-CS-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TDD-双方向FPUにおけるType-II HARQ方式の適用に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Applying Type-II HARQ Scheme for Bidirectional FPU Using TDD 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FPU(Field Pick-up Unit) / FPU (Field Pick-up Unit)  
キーワード(2)(和/英) TDD(Time Division Duplex) / TDD (Time Division Duplex)  
キーワード(3)(和/英) Type-I/Type-II HARQ / type-I/type-II HARQ  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜澤 史貴 / Fumiki Uzawa / ウザワ フミキ
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 光山 和彦 / Kazuhiko Mitsuyama / ミツヤマ カズヒコ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 哲臣 / Tetsuomi Ikeda / イケダ テツオミ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 平栗 健史 / Takefumi Hiraguri / ヒラグリ タケフミ
第4著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-06 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2012-103 
巻番号(vol) ITE-36 
号番号(no) no.53 
ページ範囲 pp.7-10 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2012-11-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会