お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-02-21 11:15
TDD双方向FPUにおける再送パケットサイズの検討
鵜澤史貴光山和彦池田哲臣NHK)・平栗健史日本工大
抄録 (和) ファイルベース化された映像素材について,再送制御を用いることにより高効率伝送を実現するマイクロ波FPU(Field Pick-up Unit)の研究を進めている.本報告では時分割複信(TDD:Time Division Duplex)を用いた双方向FPU のType-II HARQ のパラメータとして再送時のパケットサイズに注目し,スループットと遅延時間を検証した.16QAM-OFDM 変調,AWGN 環境下のシミュレーションの結果,再送パケットサイズが小さいほどスループットが向上したが,低CNR 時に再送遅延が増加した.長距離伝送を想定したTDD 双方向FPU では,再送遅延の増加により上位層の伝送効率が低下する.これより低CNR では再送パケットサイズを大きく,高CNR では小さくすることで高効率となることを確認した. 
(英) About file-based video transmission, the research of the authors is an advanced microwave Field Pick-up Unit (FPU) achieving high efficiency by applying retransmission control. In this report, we focused the retransmission packet size as a parameter of Type-II HARQ suitable for TDD, and examined the throughput and delay of this system. From the result of a simulation using 16QAM-OFDM under AWGN channel, smaller retransmission packet brought high throughput, and increased retransmission delay in low CNR. Retransmission delay decreases throughput in the transport layer over long-distance transmission for bi-directional FPU using TDD. Therefore, it was confirmed that applying large packet in high CNR and applying small packet in low CNR bring high efficiency.
キーワード (和) FPU(Field Pick-up Unit) / TDD(Time Division Duplex) / Type-II HARQ / 再送パケットサイズ / スループット / 再送遅延 / /  
(英) FPU (Field Pick-up Unit) / TDD (Time Division Duplex) / Type-II HARQ / Retransmission Packet Size / Throughput / Retransmission Delay / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 9, BCT2013-53, pp. 61-64, 2013年2月.
資料番号 BCT2013-53 
発行日 2013-02-13 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2013-02-20 - 2013-02-21 
開催地(和) かんぽの宿 那覇レクセンター 
開催地(英)  
テーマ(和) 学生・若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2013-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TDD双方向FPUにおける再送パケットサイズの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on a Retransmission Packet Size for Bi-directional FPU using TDD 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FPU(Field Pick-up Unit) / FPU (Field Pick-up Unit)  
キーワード(2)(和/英) TDD(Time Division Duplex) / TDD (Time Division Duplex)  
キーワード(3)(和/英) Type-II HARQ / Type-II HARQ  
キーワード(4)(和/英) 再送パケットサイズ / Retransmission Packet Size  
キーワード(5)(和/英) スループット / Throughput  
キーワード(6)(和/英) 再送遅延 / Retransmission Delay  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鵜澤 史貴 / Fumiki Uzawa / ウザワ フミキ
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 光山 和彦 / Kazuhiko Mitsuyama / ミツヤマ カズヒコ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 哲臣 / Tetsuomi Ikeda / イケダ テツオミ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 平栗 健史 / Takefumi Hiraguri / ヒラグリ タケフミ
第4著者 所属(和/英) 日本工業大学 (略称: 日本工大)
Nippon Institute of Technology (略称: NIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-02-21 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2013-53 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.61-64 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2013-02-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会