お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 13:45
修正Matching Pursuitを用いたOFDMシステムの伝搬路推定
馬 子驥佐藤智紀岡田 実奈良先端大)・古舘英樹富士通研
抄録 (和) OFDMは,マルチパスフェージング伝搬路において広帯域デジタル伝送を可能にする効果的な技術である。しかし,OFDMは,高速移動受信における伝搬路の時変動によりサブチャネル間干渉が生じ,その結果,伝送品質が劣化するという問題がある。圧縮センシング(Compressed Sensing: CS)を用いた高精度伝搬路推定とサブチャネル間干渉キャンセラを組み合わせることによる高速移動受信特性の改善手法が提案されている。この手法は伝送特性劣化を大幅に改善することが可能である.しかし,CS法の適用には演算量の増大が問題である。本報告では、修正Matching Pursuit(MP)法を用いた伝搬路推定手法を提案する。提案する修正MP法を用いることにより、従来の圧縮センシングで必要となる演算量を削減することが可能となる。計算機シミュレーションにより、提案手法の有効性を確認する。 
(英) Orthogonal Frequency Division Multiplexing (OFDM) is an effective multi-carrier modulation technique for wideband digital communications due to its robustness for multi-path fading channels. However, for high-speed moving reception, inter-carrier interference (ICI) due to Doppler shift causes series degradation on transmission performance. Recently, a new method that combines Compressed Sensing (CS) based channel estimation and ICI suppression has been proposed to improve the performance for high-speed moving systems. On the other hand, high computational complexity due to the solution to CS becomes a new challenge. In the report, therefore, a new channel estimator by using modified matching pursuit (MMP) is proposed that can effectively reduce the computational complexity as well as keep accurate estimation performance, comparing with the conventional methods. The computer simulation demonstrates its effect for channel estimation in OFDM systems.
キーワード (和) 伝搬路推定 / CS / MP / OFDM / / / /  
(英) channel estimation / compressed sensing / matching pursuit / OFDM / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 14, BCT2013-56, pp. 55-59, 2013年3月.
資料番号 BCT2013-56 
発行日 2013-03-01 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-EMCJ BCT  
開催期間 2013-03-08 - 2013-03-08 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 放送, EMC, 一般 
テーマ(英) Broadcast, EMC, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2013-03-EMCJ-BCT 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 修正Matching Pursuitを用いたOFDMシステムの伝搬路推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Modified Matching Pursuit based Channel Estimation for OFDM System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 伝搬路推定 / channel estimation  
キーワード(2)(和/英) CS / compressed sensing  
キーワード(3)(和/英) MP / matching pursuit  
キーワード(4)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬 子驥 / Ziji Ma / マ ズジ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 智紀 / Tomonori Sato / サトウ トモノリ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 実 / Minoru Okada / ミノル オカダ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 古舘 英樹 / Hideki Furudate / フルダテ ヒデキ
第4著者 所属(和/英) 株式会社 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Lab.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 13:45:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2013-56 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.14 
ページ範囲 pp.55-59 
ページ数 ITE-5 
発行日 ITE-BCT-2013-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会