お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-15 15:05
円柱上のARマーカの曲面形状推定
金山直樹高橋裕樹電通大
抄録 (和) 現在,立体物に貼り付けられたAR マーカに対して,形状に合わせた重畳表示を行うことは困難である.本稿では,立体物の一例として円柱に着目し,円柱に貼られたマーカの検出と,ワーピングによる画像の重畳表示を行った.はじめに,マーカの黒領域を抽出するために,明度値を利用した2 値化を行った.次に,頂点取得のために,パターン領域を線分列で近似した.さらに,マーカの構造特徴を利用して,パターン領域を推定した.最後に,検出された点を利用して,画像を変形し,重畳表示を行った.結果として,4 頂点取得による重畳表示に比べ,自然な表示が行えた. 
(英) This paper proposes a method that detects an AR(Augmented Reality) marker on a cylinder and su-perposes an image onto real scene. First, binarization is performed in brightness component of an obtained image in order to extract an AR marker. Next, the pattern domain was approximated in the line segment sequence for obtain vertexes. Then, the inner region of the marker is extracted by using a feature of AR marker structure and approximated by several segments. Finally, an image is superposed into real scene by warping based on the detected segments.
キーワード (和) 円柱 / ARマーカ / 曲面形状 / ワーピング / / / /  
(英) Cylindrical objects / AR marker / Surface / Warping / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 17, AIT2013-76, pp. 149-150, 2013年3月.
資料番号  
発行日 2013-03-08 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2013-03-15 - 2013-03-15 
開催地(和) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 
開催地(英) Keio Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2013 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2013-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 円柱上のARマーカの曲面形状推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Surface Estimation of AR marker on Cylindrical Objects 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 円柱 / Cylindrical objects  
キーワード(2)(和/英) ARマーカ / AR marker  
キーワード(3)(和/英) 曲面形状 / Surface  
キーワード(4)(和/英) ワーピング / Warping  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金山 直樹 / Naoki Kanayama / カナヤマ ナオキ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 裕樹 / Hiroki Takahashi / タカハシ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-15 15:05:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2013-76 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.17 
ページ範囲 pp.149-150 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2013-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会