お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-17 10:30
運転者状態の共有による交通事故低減技術の開発
内海 章多田昌裕山本直樹ATR)・松尾典義鳥居武史富士重工)・志堂寺和則九大
抄録 (和) 我々は運転者の状態を他者と相互に共有することで交通事故を低減することを目指して必要な技術開発を行っている.これまでの運転支援システムのほとんどは周囲状況や運転者の状態を運転者本人に提示して危険運転の防止を図るものであり,その効果は運転者本人の能力・認知状態に依存している.本研究では,検出された運転者の状態を運転者本人に伝えるだけでなく周囲の他車両の運転者,歩行者とも共有することにより,早期の危険予測を可能とし事故回避につなげることを目指す.提案アプローチの社会的受容性の評価を含む検討状況について報告する. 
(英) We describe our ongoing project to establish collaborative safety mechanism based on mutual sharing of driver's information. Most conventional driving safety approaches aims at assisting individual drivers by providing various safety information to the driver on the vehicle. However, the effect of such system highly depends on drivers' response. In our approach, we try to make the driver's present performance to be shared with other drivers and pedestrians. Using this sharing mechanism, people in traffic will be able to make better prediction of other driver's behavior and it leads to their proactive actions to prevent accidents.
キーワード (和) 認知状態共有 / 運転評価 / 交通事故低減 / 交通参加者 / 社会的受容性 / / /  
(英) Sharing Driving Performance / Driver's Behavior / Traffic Safety / Traffic Perticipants / Social Acceptance / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 20, ME2013-67, pp. 19-22, 2013年5月.
資料番号 ME2013-67 
発行日 2013-05-09 (ME, AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME AIT  
開催期間 2013-05-16 - 2013-05-17 
開催地(和) 龍谷大学 アバンティ響都ホール 
開催地(英) Ryukoku University, Kyoto Hall 
テーマ(和) メディアと企業経営,感性情報処理とマルチメディア技術および一般 
テーマ(英) Medeia for Business Management, Kansei Information, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2013-05-ME-AIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 運転者状態の共有による交通事故低減技術の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of traffic safety mechanism based on driver's behavior and reliability sharing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 認知状態共有 / Sharing Driving Performance  
キーワード(2)(和/英) 運転評価 / Driver's Behavior  
キーワード(3)(和/英) 交通事故低減 / Traffic Safety  
キーワード(4)(和/英) 交通参加者 / Traffic Perticipants  
キーワード(5)(和/英) 社会的受容性 / Social Acceptance  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 内海 章 / Akira Utsumi / ウツミ アキラ
第1著者 所属(和/英) 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR Intelligent Robotics & Communication Laboratories (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 多田 昌裕 / Masahiro Tada / タダ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR Intelligent Robotics & Communication Laboratories (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 直樹 / Naoki Yamamoto / ヤマモト ナオキ
第3著者 所属(和/英) 株式会社国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
ATR Intelligent Robotics & Communication Laboratories (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松尾 典義 / Noriyoshi Matsuo / ノリヨシ マツオ
第4著者 所属(和/英) 富士重工業株式会社 (略称: 富士重工)
Fuji Heavy Industries Ltd. (略称: FHI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳥居 武史 / Takeshi Torii / トリイ タケシ
第5著者 所属(和/英) 富士重工業株式会社 (略称: 富士重工)
Fuji Heavy Industries Ltd. (略称: FHI)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 志堂寺 和則 / Kazunori Shidoji / シドウジ カズノリ
第6著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-17 10:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ME 
資料番号 ME2013-67, AIT2013-126 
巻番号(vol) 37 
号番号(no) no.20 
ページ範囲 pp.19-22 
ページ数
発行日 2013-05-09 (ME, AIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会