お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-05 15:40
カメラデータの映像重畳伝送による中継バーチャルシステム
加藤 喬坂田敏治小野真介テレビ朝日)・筒井嘉範テレビ朝日クリエイト
抄録 (和) 従来のバーチャルシステムを中継現場で構築する際、機材の調達費、現場での準備時間、作業環境等、本社内での運用に比べ様々な課題がある。そこで今回これらの課題解決にあたって、テレビ朝日では中継先から本社に送られてくる映像に、バーチャルCG用の位置情報(=カメラデータ)等をHD-SDIのアンシラリー領域に重畳し、それらの情報を元に本社のバーチャル設備をリアルタイムで連動させる「VANCシステム(Vertical ANCillary inserter)」を開発及び生中継で実用化した。結果、先の課題はほぼ解決し大幅な制作費節減と、本番直前まで臨機応変に修正及び調整可能な中継バーチャル演出を実現した。 
(英) When building a conventional virtual system at a relay spot, various task exists compared to the operation at the head office, such as equipment procurement cost, spot preparation time, work environment, etc.
Thereupon, to solve these tasks, TV Asahi developed and put to practical use on live broadcast "The VANC system (Vertical ANCillary inserter)" which interlocks real time to the head office virtual system with the image data transmitted from the relay spot that has superimposed camera position data etc. to the Ancillary space of HD-SDI.
As a result, most of the tasks were solved and large production cost cut, allowing moment correction and adjustment before relay virtual effect broadcast was achieved.
キーワード (和) 中継 / バーチャルシステム / VANC / アンシラリー領域 / / / /  
(英) Relay / Virtual System / VANC / Ancillary space / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 23, BCT2013-65, pp. 25-28, 2013年6月.
資料番号 BCT2013-65 
発行日 2013-05-29 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2013-06-05 - 2013-06-05 
開催地(和) TBSテレビ 
開催地(英) Tokyo Broadcasting System Television 
テーマ(和) 番組制作技術・送出技術、および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2013-06-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カメラデータの映像重畳伝送による中継バーチャルシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Virtual system with use of VANC space on video signals carrying camera data for relay broadcast programs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 中継 / Relay  
キーワード(2)(和/英) バーチャルシステム / Virtual System  
キーワード(3)(和/英) VANC / VANC  
キーワード(4)(和/英) アンシラリー領域 / Ancillary space  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 喬 / Takashi Kato / カトウ タカシ
第1著者 所属(和/英) テレビ朝日 (略称: テレビ朝日)
tv asahi (略称: tv asahi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂田 敏治 / Toshiharu Sakata / サカタ トシハル
第2著者 所属(和/英) テレビ朝日 (略称: テレビ朝日)
tv asahi (略称: tv asahi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 真介 / Shinsuke Ono / オノ シンスケ
第3著者 所属(和/英) テレビ朝日 (略称: テレビ朝日)
tv asahi (略称: tv asahi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 筒井 嘉範 / Yoshinori Tsutsui / ツツイ ヨシノリ
第4著者 所属(和/英) テレビ朝日クリエイト (略称: テレビ朝日クリエイト)
tv asahi create (略称: tv asahi create)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-05 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2013-65 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.23 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2013-05-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会