お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-10 14:15
水平視差型超多眼ディスプレイに対する調節応答と網膜像評価
中村淳也・○高木康博東京農工大
抄録 (和) 輻輳と調節の不一致を解決する立体表示方式として,超多眼表示が提案されている.これまでに開発された超多眼ディスプレイは水平視差型であるため,目の調節応答の評価では,明確な垂直エッジを含む視標が主に用いられてきた.本研究では,視標に含まれるエッジの方向が調節応答に与える影響を調べるために,異なるエッジ成分を持つ複数の視標を用いて調節応答を評価した.その結果,超多眼表示では,従来の多眼表示よりも広い奥行き範囲で立体像に調節が誘起されることが分かった.ただし,明確な垂直エッジを持つ単純図形よりも,様々なエッジを含む標準画像の方が調節の誘起が小さい傾向が見られた.調節位置による網膜像のボケの違いを評価し,その結果をもとに調節応答の測定結果を説明できることを示した. 
(英) Super multi-view (SMV) displays have been developed to solve the vergence-accommodation conflict. Because the SMV displays developed so far were the horizontal-parallax-only (HPO) type, accommodation responses to the SMV displays were measured mostly for three-dimensional (3D) images containing distinctive vertical edges. In this study, we investigated the influences of the edge properties contained in 3D images upon the accommodation responses evoked by the HPO-SMV display. Two test images were used for the accommodation measurements: a “Maltese cross”, which contains several sharp edges, and a standard test image of “Lenna”, which contains various types of edges. We found that the HPO-SMV display still evoked the accommodation responses when “Lenna” was displayed, although the amounts of the evoked accommodation were smaller than those for the “Maltese cross”, depending on where viewers gazed. We also investigated the blur in retinal images according to the accommodation responses by capturing retinal images.
キーワード (和) 立体表示 / 超多眼表示 / 調節応答 / 網膜像 / / / /  
(英) Three-dimensional display / Super multi-view / Accommodation response / Retinal image / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 24, 3DIT2013-27, pp. 9-12, 2013年6月.
資料番号 3DIT2013-27 
発行日 2013-06-03 (IDY, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT IDY  
開催期間 2013-06-10 - 2013-06-10 
開催地(和) 中央電気倶楽部 
開催地(英)  
テーマ(和) 「立体映像技術一般」 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2013-06-3DIT-IDY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 水平視差型超多眼ディスプレイに対する調節応答と網膜像評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Accommodation response measurements and retinal image evaluation for horizontal-parallax-only super multi-view display 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 立体表示 / Three-dimensional display  
キーワード(2)(和/英) 超多眼表示 / Super multi-view  
キーワード(3)(和/英) 調節応答 / Accommodation response  
キーワード(4)(和/英) 網膜像 / Retinal image  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 淳也 / Junya Nakamura / ナカムラ ジュンヤ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agri. and Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 康博 / Yasuhiro Takaki / タカキ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agri. and Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-10 14:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-IDY2013-24,ITE-3DIT2013-27 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.24 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2013-06-03,ITE-3DIT-2013-06-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会