お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-25 16:40
Gバンド分染法によるカリオタイプに対する輝度プロファイルの作成
藤井芳孝小木美恵子金沢工大)・島田裕充眞田由親両角俊明吉田 卓日本遺伝子研)・吉澤達也金沢工大
抄録 (和) 染色体検査は人の手で行われているが,検査員には熟練した技能と経験が必要なため人材の供給が十分とは言えない.染色体検査を画像処理によって行うことが出来れば,検査員の不足の問題を解決することができる.しかし,既存の染色体画像処理システムは,パターン認識アルゴリズムを用いているため,画像自体の属性のばらつきが大きい染色体画像では一部の作業を自動化するに留まっている.そこで,我々は,画像属性に依存しない処理システムを構築するために,画像属性に依存しづらい染色体の輝度プロファイルに注目し,染色体画像から輝度プロファイルを抽出するアルゴリズムを開発した. 
(英) In general, chromosome analysis has been carried out manually by specialists. The specialists are therefore required expert skills and rich experience after a long period training, causing the shortage of the number of such specialists. Chromosome analysis with using the pattern recognition techniques can be a great aid to solve the problem of this shortage. Previous image analyzing systems by pattern matching methods can operate only limited processes automatically because chromosome images have a lot of variable image properties to identify, such as a size, linearity and color stained.
It is well known that G-band pattern of each chromosome in karyotype is unique and key to find whether normal or not. In this study, we therefore propose an algorism to produce a luminance profile of the G-band pattern of a chromosome image for the pattern matching.
キーワード (和) 染色体検査 / Gバンド分染法 / カリオタイプ / 画像解析 / / / /  
(英) chromosome analysis / G-banding / karyotype / image analysis / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 28, HI2013-58, pp. 45-48, 2013年6月.
資料番号 HI2013-58 
発行日 2013-06-18 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI IEICE-MVE VRSJ HI-SIG-VR  
開催期間 2013-06-25 - 2013-06-26 
開催地(和) 東京大学 山上会館 
開催地(英) Sanjo Conference Hall 
テーマ(和) 人工現実感(IEICE-MVE,VR学会,HI学会SIGVRと連催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2013-06-HI-MVE-VRSJ-SIG-VR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Gバンド分染法によるカリオタイプに対する輝度プロファイルの作成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Luminance pfofile of chromosome images of karyotype with G-band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 染色体検査 / chromosome analysis  
キーワード(2)(和/英) Gバンド分染法 / G-banding  
キーワード(3)(和/英) カリオタイプ / karyotype  
キーワード(4)(和/英) 画像解析 / image analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 芳孝 / Yoshitaka Fujii / フジイ ヨシタカ
第1著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小木 美恵子 / Mieko Kogi / コギ ミエコ
第2著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 裕充 / Hiromitsu Shimada / シマダ ヒロミツ
第3著者 所属(和/英) 株式会社日本遺伝子研究所 (略称: 日本遺伝子研)
NIHON GENE RESEARCH LABORATORIES Inc., (略称: NGRL)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 由親 / Yoshichika Sanada / ヨシチカ サナダ
第4著者 所属(和/英) 株式会社日本遺伝子研究所 (略称: 日本遺伝子研)
NIHON GENE RESEARCH LABORATORIES Inc., (略称: NGRL)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 両角 俊明 / Toshiaki Morozumi / モロズミ トシアキ
第5著者 所属(和/英) 株式会社日本遺伝子研究所 (略称: 日本遺伝子研)
NIHON GENE RESEARCH LABORATORIES Inc., (略称: NGRL)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 卓 / Taku Yoshida / ヨシダ タク
第6著者 所属(和/英) 株式会社日本遺伝子研究所 (略称: 日本遺伝子研)
NIHON GENE RESEARCH LABORATORIES Inc., (略称: NGRL)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉澤 達也 / Tatsuya Yoshizawa / ヨシザワ タツヤ
第7著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-25 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2013-58 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.28 
ページ範囲 pp.45-48 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2013-06-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会